page_top

北海道大学「総合入試」

  • [進路に悩む人へ] “選ばない”という選択
  • [2018/6/26]

文系・理系の“大括り”で学生を募集。1年次の幅広い学びでミスマッチを防ぐ

 北海道大学は1995年(平成7年)に入試制度を大きく変更し、それまで現在の東京大にも似た文系・理系および医・農・水産の科類別入試から学部別入試へと全面移行した。しかしその後、高校での履修科目と志望学部の不一致、あるいは所属学部での履修内容と自分のやりたいこととの“ ミスマッチ”が課題となっていた。

 そこで2011年(平成23年)に導入されたのが「総合入試」だ。学部別入試と並行し、募集総数の4 割強を占める受験生を文系・理系と大括りに分けた入試で選抜する。総合入試で入学した学生は全員が文系クラスと理系クラスで構成される「総合教育部」で1年次を過ごし、「全学教育科目」の履修を通じて2年次での所属学部を決定する。

 文科・理科一~三類の類別入試で選抜し、1年生全員を教養学部で教育する東京大にも似た制度だが、北海道大の総合教育部は専属の教員を持たず、全学部の教員がそれぞれ科目を受け持つ形となる。このため、1年次から各学部の専門に幅広く触れることができ、ゼミ形式の授業を受けることもできる。早く専門を学びたい人にも、自分のやりたいことに迷っている人にも、それぞれ適した履修科目を選ぶことができるのが特徴だ。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[進路に悩む人へ] “選ばない”という選択 記事一覧

記事一覧に戻る

大学&入試の基礎知識 記事一覧

大学&入試の基礎知識 記事一覧に戻る

“北海道大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中