page_top

[2018年入試のロードマップ] 合格ゲットまでのルートはこれ!

  • [2018年入試のロードマップ] 合格ゲットまでのルートはこれ!
  • [2017/11/21]

2018年入試で最も注意すべきは、やはりセンター試験の受け方やスケジュールだ。特に理科の実施方法が複雑(基礎を付した科目と付さない科目、4種類の選択パターンなど)だが、志願票に記入した教科(理科は選択パターンも)のみ受験できるので、それが「受験票」に正しく登録されているかを確認し、誤りがあれば受験票の再発行が必要だ。また、自分の志望校が、センター試験の地理歴史・公民、理科の成績をどのように利用して判定するか(第1解答科目か高得点科目か)、理科はどの選択パターンで受験可能かを再確認し、対策を立てる必要がある。以上の注意点も含め、「出願→受験→合格発表→入学手続き」までのスケジュールの重要ポイントを紹介しよう。

「2018年大学入試・受験スケジュール」【pdf】は、こちらへ⇒

受験プランを立てる

 「2018年大学入試・受験スケジュール」で大きな流れをつかんだ上で、出願大学・学部や受験日程のプランニングをしよう。
 志望大学・学部の日程上、どうしても仕方ない場合は別として、試験日が何日も連続するのは原則避けた方がいい。受験本番はかなりのエネルギーを消耗するので、試験日の間は1~2日空けよう。ただし、試験日の間隔が開き過ぎるのも、できれば避けたい。緊張感が続かず、集中力が途切れるからだ。また、遠隔地の大学を受験する場合、移動時間も考慮して日程を組もう。


募集要項を手に入れる方法

 各大学とも12月15日までには募集要項(願書)を発表・配付する。なるべく早く入手して、入試科目・配点や日程を最終確認し、余裕をもった願書提出や受験料振り込みをしよう。請求方法(または入

蛍雪時代

螢雪時代・1月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学&入試の基礎知識 記事一覧

大学&入試の基礎知識 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中