page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

《苦手は[分野]で征服!》 国語は設問意図の読み取り、英語は長文問題で記憶

  • 《苦手は[分野]で征服!》先輩たちはこうして苦手を克服した!!
  • [2019/7/26]

京都大学 文学部 人文学科1年 M・Cさん

・2019年 奈良県立畝傍高校卒

Case 1
苦手分野:国語…現代文

本格対策:高3の1月~
苦手度:かなり苦手


苦手の理由

 勉強不足と経験不足から自信が持てず、模試では、文字数稼ぎで、前半に無駄な文を書いては、後半で文字数が足りなくなったり、論旨を理解せずそれらしい本文を抜き出したりと、その場しのぎを繰り返していました。解答欄は埋められても、点数はとれませんでした。


克服学習法

 新しい文章を読むたび、因果関係や対比、言い換えの表現などをチェックし、文と文のつながりを意識しました。また、「どういう意味か説明せよ」という質問の場合、言い換えを求めているのか、対比することでわかることを求めているかなど、意図を読み取る訓練をしました。


その成果!


この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・8月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《苦手は[分野]で征服!》先輩たちはこうして苦手を克服した!! 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“京都大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

8月のテーマ
毎月中旬更新

限界を超える 夏の成長戦略!

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中