page_top

[受験で見えた学習の本質] 過去問で実力と出題傾向をつかみ、解答では出題者の意図をしっかり考える

  • 《センター&個別試験》 受験で見えた学習の本質
  • [2019/4/15]

東京大学 文科三類 2年 U・Nさん

・2018年 兵庫県立加古川東高校卒

センター試験得点率:97%
個別試験得点率:70%

センター科目別配点

国語 192点、世界史B 97点、日本史B 98点、数学ⅠA 100点、数学ⅡB 100点、化学基礎 47点、生物基礎 50点、英語(筆記) 192点、英語(リスニング) 48点

入試結果を振り返って

センター試験

 出題傾向の違いこそあれ、難問、奇問は出ませんでした。時間を計って過去問演習を重ねた結果、本番でも焦ることなく、時間配分もきっちりできました。特に数学では、得意な確率や整数の問題を早く片付け、苦手な図形問題に時間をかけることができました。国語の現代文や英語の失点は、問題作成者


この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《センター&個別試験》 受験で見えた学習の本質 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“東京大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中