page_top

◆東京大:E・Nさん◆ 基本問題の復習、過去問演習などで、入試と自分の実力の距離をつかもう

  • 合格への“王道”を探る! 先輩が実践した学び方・覚え方
  • [2018/5/22]

東京大学 文科三類 2年 E・Nさん

静岡県立浜松西高校(2016年卒)
得意科目:英語
苦手科目:国語
センター試験の総合点:878/950点


1学期の学習テーマ
総復習と過去問演習で、現在の自分の実力を知る

 試験範囲の総復習をして基礎をおさえることが目標でした。取り組み始めた過去問演習では、問題の雰囲気をつかむこと、現在の自分の実力との距離を測ることが目的でした。問題集を繰り返し解きながら、できなかった問題や、解けてもよくわかっていない問題を、教科書に戻って確認する作業を続けました。
 過去問演習に取り組むのは多くの人が夏休みからですが、1学期から取り組めば、他の人よりも一歩先に進むことができます。解けなくても焦らず、どのような知識・考え方が不足しているのかを考え、基礎知識の定着に注力すべきです。


1学期を終えての感想
過去問を解くための基礎知識獲得が不十分

 1学期の間必死に勉強しましたが、試験範囲の基礎知識を全て覚えるというまでには至らず、過去問を解く際には、基本事項が載っている教科書や参考書が必要という状況でした。それでも基本的なこと


この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

合格への“王道”を探る! 先輩が実践した学び方・覚え方 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“東京大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中