page_top

《清水章弘の新・デキる受験生養成講座》 考えるアタマのつくりかた

  • 《清水章弘の新・デキる受験生養成講座》 考えるアタマのつくりかた
  • [2019/11/5]

開催まで1年を切った東京オリンピック・パラリンピック。
アスリートたちへの期待が連日報道されているが、本当のところ、私たちはスポーツの祭典に何を期待するべきなんだろう。
メダルの数?それとも…。


㈱プラスティ教育研究所/代表取締役
清水章弘 先生

●今月の大モンダイ!●
注目するのはメダルだけ!?

 今回のテーマは「オリンピック・パラリンピック」。ところでみなさんは「オリンピック・パラリンピックレガシー」という言葉をご存知でしょうか。オリンピック・パラリンピックが残す、さまざまな影響(legacy:遺産)のことです。
 たとえば、1964年の東京オリンピックでは新幹線や首都高速などの交通インフラが整備されたり、言葉なしで意味が伝わる表示「ピクトグラム」が広まったりしました。開催まであと1年を切った2020年の東京オリンピックは、どんなレガシーを残してくれるのでしょうか。実際に経済の活性化や国際交流の増加など、さまざまな面で期待は大きく、もちろん競技自体も期待するところ。みなさん、日本の選手がどれくらいメダルを獲得できるか、また、自分が好きな競技を観るのを楽しみにしているのではないでしょうか。
 しかし一方で、ボランティアへのサポート体制や熱中症対策など開催までに解決したい課題が少なか


著者プロフィール
清水 章弘先生

㈱プラスティー教育研究所 代表取締役 清水 章弘先生

1987年、千葉県生まれ。東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。大学3年の20歳で「勉強のやり方を教える塾」プラスティーを起業し、東京と京都で教室を運営しつつ、全国さまざまな学校・教育委員会・企業等で教育サポートに携わる。著書は『読むだけで面白いほど成績が上がる高校生の勉強法』(KADOKAWA)など多数。監修・出演にMBS/TBS系「教えてもらう前と後」など。

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

11月のテーマ
毎月中旬更新

[決めよう! 理想の合格パターン]併願&受験校決定

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中