page_top

考えるアタマのつくりかた《清水章弘の新・デキる受験生養成講座》【特別編】

  • 考えるアタマのつくりかた《清水章弘の新・デキる受験生養成講座》【特別編】
  • [2019/10/3]

本連載8月号9月号では、地球温暖化、異常気象、海洋汚染といった地球規模の社会問題を取り上げた。高校生がこうした社会問題を“自分ごと”として捉え、自分の頭で考えるためにはどうすればいいのか。その手がかりを求め、清水先生がジャーナリストの国谷裕子さんにインタビューを行った。


㈱プラスティ教育研究所/代表取締役
清水章弘 先生

自分で考え、動くことって? ー 国谷裕子さんに聞く

ジャーナリスト 国谷裕子さん
《プロフィール》
米国ブラウン大学卒業。NHK「7時のニュース」英語放送の翻訳・アナウンス担当を経て1987年よりキャスターとしてNHK・BS「ワールドニュース」などの番組を担当。1993年から2016年までNHK総合「クローズアップ現代」のキャスターを務める。現在はSDGsをはじめさまざまな社会問題にアプローチする傍ら、東京藝術大学理事なども務める。著書に『キャスターという仕事』(岩波新書)。

国谷裕子さん

「いろんな人がいる」を
肌で感じた幼少期が原点

清水:国谷さんはいつ頃から社会問題に関心をもつようになったのですか?

国谷:これといったきっかけはないのですが、幼い頃から海外生活が長く、アメリカや香港などで暮らすなかで、「自分とは違ういろんな人がいるんだな」というのを肌で感じてきた経験は大きかったかもしれません。とくに香港では、中国の文化大革命から逃れてきた難民の人々を目の当たりにしました。難民の青年が我が家に料理を教えに来てくれていたのですが、彼から聞いた中国のこと、家族のこと、どんな暮らしをしてどんな夢を持っているかということは、強く印象に残っています。


著者プロフィール
清水 章弘先生

㈱プラスティー教育研究所 代表取締役 清水 章弘先生

1987年、千葉県生まれ。東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。大学3年の20歳で「勉強のやり方を教える塾」プラスティーを起業し、東京と京都で教室を運営しつつ、全国さまざまな学校・教育委員会・企業等で教育サポートに携わる。著書は『読むだけで面白いほど成績が上がる高校生の勉強法』(KADOKAWA)など多数。監修・出演にMBS/TBS系「教えてもらう前と後」など。

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

11月のテーマ
毎月中旬更新

[決めよう! 理想の合格パターン]併願&受験校決定

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中