page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

《清水章弘の新・デキる受験生養成講座》 考えるアタマのつくりかた

  • 《清水章弘の新・デキる受験生養成講座》 考えるアタマのつくりかた
  • [2019/8/6]

物事を感じ、自分のアタマで考え、自分の言葉で表現する──
新しい時代を生きるみなさんに求められる力を、リアルな社会問題を通じて養おう。
今月は、今年もみんなの暮らしを脅かしそうな「地球温暖化」「異常気象」について考える。


㈱プラスティ教育研究所/代表取締役
清水章弘 先生

●今月の大モンダイ!●
異常気象が「異常」じゃなくなる!?

 平成最悪の豪雨被害となった西日本豪雨や、観測史上初めて西進した台風12号。

 共に昨年起こった異常気象です。今や異常気象は、「異常」とは言えない頻度で起きています。

 これらの異常気象の背景には、“地球温暖化”があると言われていることをご存知でしょうか。

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によると、地球温暖化により気温や降水量の振れ幅が大きくなる「極端気象」が増加すると予想されています。

 でも、不思議に思いませんか。

 地球温暖化自体は、最近になって急に発見されたような現象ではありません。1980年代の末にはすでに認識され、その影響による危機が議論されてきた問題です。それなのに、なぜ深刻な問題になるまで、食い止められなかったのでしょうか。


著者プロフィール
清水 章弘先生

㈱プラスティー教育研究所 代表取締役 清水 章弘先生

1987年、千葉県生まれ。東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。大学3年の20歳で「勉強のやり方を教える塾」プラスティーを起業し、東京と京都で教室を運営しつつ、全国さまざまな学校・教育委員会・企業等で教育サポートに携わる。著書は『読むだけで面白いほど成績が上がる 高校生の勉強法』(KADOKAWA)など多数。監修・出演にNHK Eテレ「テストの花道 ニューベンゼミ」など。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2021年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月5日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中