page_top

木村達哉の 4 Skills Revolution! ―英語4技能マスターコース―(第10回)

  • 木村達哉の 4 Skills Revolution!
  • [2018/12/28]

近年の大学入試では、長文を読み、全体の内容を把握する問題が増えています。
そこで今回は、個別試験で出題される大意要約問題を取り上げます。
要約を“感覚” で書いてきた人、必読です!

大意をつかみ要約する力を身につける
各段落の要点をなんとなくつなげて、大意要約を作っていませんか?

筆者のメッセージは
段落の数だけある

 今回は大意要約について書いていきます。大意要約問題の出題の有無に関わらず、長い文章を出題する大学を受験する人には、大いに役立つはずです。

 長い文章の読み方については12月号でも少し触れましたが、非常に重要なことなので再度書きます。入試で使われるような長い文章を読む際には、全体を読もうとするのではなく、各段落でどういうことが書かれているのかを念頭に置いて読んでいくのが鉄則です。知らない語があっても、段落のカタマリとして筆者の言っていることがつかめれば問題ありません。段落ごとの筆者の主張が理解できれば、文章全体の流れも理解できます。800語程度の長い文章でも、「100語×8ブロック=800 語」と考えればいいのです。


著者プロフィール
木村 達哉先生

木村 達哉先生

灘中学校・高等学校英語科教諭
教壇に立つ傍ら、英単語帳『ユメタン』(アルク)や参考書などを多数執筆。また、「英語教師塾」を立ち上げ、全国的な活動を展開している。近著に『キムタツ式 英語長文速読特訓ゼミ』シリーズ(旺文社)がある。

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中