page_top

[入試のプロがズバリ予想!]共通テスト3年目は易化?難化?

  • [入試のプロがズバリ予想!]共通テスト3年目は易化?難化?
  • [2022/12/14]

2022年大学入学共通テスト(以下、共通テスト)は全般的に難化し、新傾向の問題も見られた。
2023年共通テストは実施3年目となるが、出題内容や難易度はどのようになるのか?
入試情報のプロである石原 賢一さんに2022年までの結果を踏まえ、2023年を予想していただいた。


駿台予備学校 進学情報事業部 部長 石原賢一さん

※1 本文中では断りがない限り、共通テスト、センター試験とも本試験(2021年共通テストは第1日程)について解説。平均点は大学入試センター発表のデータの小数点第2位を四捨五入。国語の「近代以降の文章」は「現代文」と表記。
※2 データネット実行委員会(駿台予備学校/ベネッセコーポレーション主催)の推定


2022年 共通テスト2年目の結果は予想通り!?

受験生が不慣れな出題で、予想を上回る平均点ダウン

 実施2年目となった2022年共通テストですが、過去の共通1次試験やセンター試験がそうであったように、実施初年度との比較では難化すると予想されていました。実施結果を見ますと、5教科900点集計の最終予想平均点※2は、5教科8科目文系では508点(得点率56.4%、対前年:−44点)、5教科7科目理系では513点(得点率57.0%、対前年:−59点)で、予想をはるかに上回るダウンとなり、得点率は文理ともに6割を下回りました。得点率8割以上の高得点者の人数は、文系が前年の33.8%、理系が37.5%に留まり、成績上位層にも大きな影響を与えました。

著者プロフィール

石原 賢一 先生

駿台予備学校に入職後、学生指導、高校営業、カリキュラム編成を担当後、神戸校校舎長を経て、2006 年より現職。大学進学情報や入試分析、高大接続改革関連の情報など、講演会や各種メディアで幅広く発信。

蛍雪時代

螢雪時代・3月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by 螢雪時代

  • 動画

    今月の動画

    2023年 入試動向予測
    一般選抜の志望動向を徹底予測!

3月のテーマ
毎月中旬更新

合格者が知る!直前対策の要所&入学後のビジョン

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中