page_top

【受験生の健康キープ委員会がゆく!】連載・第9回:「効率学習のための脳の使い方」

  • 【受験生の健康キープ委員会がゆく!】連載・第9回:「効率学習のための脳の使い方」
  • [2022/12/5]

同じ問題集・参考書で勉強していても、心身の状態によって学習効率は変わるもの。
今回は篠原菊紀先生のお話をもとに脳科学の観点から、より効果的な学習を実現する脳の使い方を紹介する。

-- 今月の専門家 --
脳科学者 篠原 菊紀 先生

公立諏訪東京理科大学共通教育センター主任・教授。東京大学、同大学院教育学研究科修了。学習・遊び・運動などの際の脳活動を研究している。著書は『篠原教授の脳が若返る! 90日間ドリル』(メディアソフト)など多数。

学習後の習慣や復習方法が
学習効率を左右する!


YESはいくつ? 10秒チェック

□ 友だちに勉強を教えてあげること、ある?
□ 一度学習した内容の復習を、いつやるか決めている?
□ 内心、勉強を頑張っている自分はすごいと思ってる?
□ 夜、その日の学習内容をサッと復習してる?
□ 普段からオノマトペ(擬音語・擬態語)をよく使う?
□ 両親や友だちからほめてもらうことは多い?


3つ以上なら要注意!

蛍雪時代

螢雪時代・3月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by 螢雪時代

  • 動画

    今月の動画

    2023年 入試動向予測
    一般選抜の志望動向を徹底予測!

3月のテーマ
毎月中旬更新

合格者が知る!直前対策の要所&入学後のビジョン

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中