page_top

[脳科学でハードルを突破!]吉田式 “難関大合格脳”強化塾

  • [脳科学でハードルを突破!]吉田式 “難関大合格脳”強化塾
  • [2022/6/22]

現状学力と難関大レベルとのギャップに焦るがあまり、ガムシャラに突っ走るだけの勉強をしていないだろうか?
実はその勉強、脳に良くない影響を与えているかも…!?
本記事で脳の性質に合った勉強のやり方を学び、“難関大合格脳”を手に入れよう!


医学博士・本郷赤門前クリニック院長
吉田 たかよし先生

東京大学工学部卒、同大学院医学博士課程修了。現在、受験生専門の心療内科・本郷赤門前クリニック院長、浜教育研究所主席研究員、学習カウンセリング協会理事長。著書に『合格させたいなら脳に効くことをやりなさい』(青春出版社)など。



難関大合格のカギは、脳のスペック拡張!

 難関大受験を一般的な受験の延長で考えてはいけない。脳の機能をスマートフォンにたとえると、中堅以下の大学では、アプリやファイルをいかに多くダウンロードしたかで勝負が決まる。一方、難関大合格を目指して勉強の強度だけを上げると、つまり、データをどんどん詰め込んでいくと、スマホの動きが重たくなりフリーズするように、脳も動きが悪くなり機能が低下してしまう。これを避けるには、脳のスペックを拡張し、処理能力を根本的に高めるしかない。特に脳の疲労が蓄積される秋以降は、脳のフリーズ現象が頻発する。今から対策しておくことが、難関大合格への足がかりとなるのだ。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by 螢雪時代

7月のテーマ
毎月中旬更新

難関大受験の総合的研究

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中