page_top

[共通テスト 英語リスニング]完全攻略法

  • [共通テスト 英語リスニング]完全攻略法
  • [2022/5/20]

なんとなくわかるけれど正答に結びつかない、リーディングはいいけれどリスニングは苦手…などなど、難関大を目指す受験生にとって悩みの種になりがちな「英語 リスニング」。
共通テストでは「1回読み」かつ長い英文が出題されており、早めの対策が肝心だ。
同記事+『螢雪時代7月号』付録で、完全攻略を目指そう!


㈱プラスティー教育研究所 浄泉 和博 先生

第1問~第3問で満点を取れる確実なリスニング力が攻略のカギ!

 共通テスト「英語 リスニング」では、短めの発話や対話を聞いて理解する力(前半)や、長い講義や会話を聞きながら必要な情報をつかんだり、論点を整理したりする力(後半)が求められる。高得点を取るためには、難易度の高い後半部分(第4問以降)の対策を考えたくなるかもしれないが、まずは配点の半分以上を占めている第1問~第3問(59点満点)で満点を取れるようになることを目指そう。2021年・2022年の平均点は55~60点程度なので、第4問以降を解かなくても平均に近い点数を出せるようになることが高得点への第一歩だ。

 リスニング試験のプロセスは、「聞き取る」⇨「理解する」⇨「答える」の3段階。「答える」に集中するためには、「聞き取る」⇨「理解する」のプロセスでいかに頭のエネルギーを節約できるかが重要になる。本記事では共通テストの各大問の特徴や対策にも触れていくが、まずは地に足のついたリスニング力を身につけることを意識してほしい。

著者プロフィール

浄泉和博先生

(株)プラスティー教育研究所
1991 年生まれ。神奈川県出身。東京外国語大学英語専攻卒業、同大学院英語教育学専修コースを早期修了。私学英語教員を経て、学習塾プラスティー英語科講師として小学生から大学受験生まで幅広く英語指導を担当。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by 螢雪時代

7月のテーマ
毎月中旬更新

難関大受験の総合的研究

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中