page_top

[螢雪アドバイザーが教える!]失敗から学ぶ成功の極意

  • [螢雪アドバイザーが教える!]失敗から学ぶ成功の極意
  • [2021/6/30]

志望校に合格するには明確な目標を立て、学校に軸足を置いて計画的に勉強していくことが大切だ。
そこで、これらの面での失敗事例から学ぶことができる「成功の極意」について、進路指導のベテランである堀浩司先生に教えていただいた。

螢雪アドバイザー 堀 浩司先生

(ほり・ひろし)国語科教諭。滋賀県の公立高校(守山高等学校、草津東高等学校など)で進路指導部長、SGH推進室長等を務め、きめ細かな「仕掛ける進路指導」をモットーに、学力や進学実績向上に向けた改革に取り組んできた。生徒の心に火を点ける指導に定評があり、数多くの生徒を志望校合格に導いている。2021年度より、龍谷大学高大連携推進室フェロー。



失敗パターン 目標が定まらない



大学合格=ゴールと考え、入学後のイメージが曖昧

 大学の偏差値やブランドイメージなどの評価が気になる人や、大学合格がゴールだと思っている人は、受験勉強の途中でガソリン切れを起こしがちです。自分ならこんなことができる(can)、自分はこんなことをやってみたい(will)、自分はこんなことをやらなければならない(must)と、「自分」を主語にして大学卒業後にまで想いを馳せている人に比べ、志望の根っこが浅いからでしょう。根っこを張らずに合格という花を目指しても大輪の花は咲きません。社会問題に対するアンテナを伸ばし、大学で学ぶべき内容や卒業後に自分が身を置くべきフィールドを具体的にイメージしましょう。「志」の根をしっかりと張り、幹を太くすることが、精神的タフネスにつながります。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中