page_top

【お詫びと訂正】
2021年10月28日(木)から11月5日(金)にかけて、掲載中の全大学ページにおける「偏差値・共テ得点率」が第1回全統記述模試の数値に差し戻っておりました。また、一部大学については「一般選抜(科目・日程)」「取れる資格」についても最終更新前のデータに差し戻っておりました。謹んでお詫び申し上げます。現在は解消されておりますので、期間内に当該情報を閲覧された方は改めて最新情報をご確認いただけますようお願い申し上げます。

[初めての共通テスト]注目の出題

  • [初めての共通テスト]注目の出題
  • [2021/5/14]

2021年1月に初めて行われた共通テスト。
従来のセンター試験に比べると、思考力や表現力、判断力が問われるといわれていたが、実際の共通テストの出題には、どのような特徴があったのだろうか。
河合塾で入試問題の分析を担当する平田晋さんに、第1日程の各科目の出題傾向や、共通テストの特徴が表れた問題について解説していただいた。


入試分析のプロが解説!

学校法人河合塾 教育企画開発部 統括チーフ 平田 晋さん

大学入試問題分析や教材・模試の開発・作成に長く携わり、2017年より現職。大学受験対策のカリキュラム、教材・模試の開発および映像を含む各種デジタルコンテンツの制作などにおいて、広く全体を統括・推進している。




共通テスト英数国の出題傾向と特徴的な問題を解説!


従来の傾向と新傾向のバランスがとれた出題だった


- まずは初めての共通テストの第1日程について、全体的な総括を聞かせていただけますか。

 問題を見て、よくバランスがとれていると感じました。従来のセンター試験のよいところを引き継ぎつつ、新傾向の問題ともバランスがとれている出題でした。全体的に暗記のみで解答できる問題は少なくなり、より理解の質を問う出題が増えました。たとえば数学の公式も暗記するだけではダメで、しっかり本質的な理解をして使えるようになっているかが問われるような問題が多くありました。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・12月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中