page_top

[進路の先生が教える!]勉強法

  • [進路の先生が教える!]伸びる生徒・伸びない生徒の学習計画&勉強法
  • [2021/3/25]

大阪府・清風南海高等学校 高2学年主任 宇田川 真先生

土台づくりを怠らず学校の授業を中心に学習に取り組む

共通する“心がけ”を知り、自分の“習慣”に取り入れる

 まじめにコツコツ頑張っているのに、なかなか成績が伸びない生徒もいれば、部活を引退した途端、みるみる成績が伸びて想定以上の大学に合格する生徒もいます。伸びる生徒たちには、何か共通する勉強法についての“心がけ”や、それを“習慣とする”といったコツがあるように思われます。そしてそのコツには、ある程度“型”があるというのも事実です。学力を伸ばすコツは、あれやこれやと色々な教材に手を出すのではなく、学習の土台となる良質の教材に何度も繰り返し取り組み、完成度を高めていくこと。それから、自分の効果的な学習のための1日の過ごし方を考えて生活リズムを整え、実践していくこと。また、学習の教科間バランスをよく考えて、苦手なものをほったらかしにせず、その克服にも努力することなどが挙げられます。『螢雪時代』の合格体験記などで、自分の志望大学に合格した先輩たちがどのようにこの1年を過ごしてきたのかを参考にして、真似できるところは真似をして、自分に合った学習方法を築いていくと良いでしょう。

著者プロフィール

大阪府・清風南海高等学校 高2学年主任 宇田川 真 先生

大阪府出身。私立・清風南海中学・高等学校の地歴科(世界史)教諭、2020年度高2学年主任。同校にて20年以上担任を務め、東京大・京都大・大阪大などに生徒を多数送り出している。卒業生との親交も大切にしている。教師としてのやりがいは、3年間で生徒たちが自分の進路を見つけ、成長して巣立っていく姿を見届けること。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

[進路の先生が教える!]伸びる生徒・伸びない生徒の学習計画&勉強法 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中