page_top

[その不調&伸び悩み、脳のトラブルかも]脳のセルフケアでスランプを乗り越える!

  • [その不調&伸び悩み、脳のトラブルかも]脳のセルフケアでスランプを乗り越える!
  • [2020/10/28]

監修:吉田 たかよし先生
医学博士・本郷赤門前クリニック院長
《プロフィール》
東京大学工学部卒。NHKのアナウンサーとして活躍後、医学部に再入学し、東京大学大学院医学博士課程修了。現在、受験生専門の医療機関・本郷赤門前クリニック院長、受験医学研究所所長、学習カウンセリング協会理事長。著書に『合格させたいなら脳に効くことをやりなさい』(青春出版社)など。

勉強量は増えているのに、急に成績が伸びなくなった…。
やっかいなスランプだが、一概に悪者とは言い切れない。
まずは伸び悩みや不調が起こる仕組みを理解し、スランプを乗り越えるセルフケア方法を試してみよう。

不調スランプリスク
セルフチェックリスト

□ 何事もきっちりしたい完璧主義の傾向がある。
□ 合格への意志は強いが、勉強の内容に興味が持てない。
□ 最近、受験勉強がマンネリ化している。
□ 2週間前に覚えたはずのことを忘れている。
□ 昨日、どの科目のどの分野を勉強したか思い出せない。
□ 昨日の夕食に何を食べたか覚えていない。
□ 最近、お風呂に入るのが面倒くさい。
□ 最近、好きな食べ物でもあまり美味しく感じない。
□ 小さな物音が気になって勉強に集中できない。
□ 親の言うことにいちいち反発してしまう。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中