page_top

新型コロナウィルスへの対応として、多くの大学で入試の変更が公表されています。
必ず大学ホームページ等、公式の情報もご確認ください。

[達人がズバリ回答!]秋からの『数学』難関大突破力の作り方

  • [達人がズバリ回答!]秋からの『数学』難関大突破力の作り方
  • [2020/9/23]

難関大入試のハイレベルな数学の問題では、各問題の解法を覚えるだけの学習は通常しない。
さまざまな解法に共通する“考え方”に注目し、それらを自分の力にすることが重要になる。
今後、具体的にどんな力を鍛えるべきなのか?
数学の達人・池田洋介先生に教えていただこう。

河合塾数学講師・パフォーマー
池田 洋介 先生


難関大突破力①:「具体」から「一般」を考える力

 「木がn本並んでいたら、その隙間はn-1個ある」と言われても、頭はすぐにはその意味に追いついていけない。でも、指を1本ずつ立てていきながら「2本の指の隙間は1つ」「3本の指の隙間は2つ」「4本の指の隙間は3つ」と説明されれば、そこから「n本の隙間はn-1個」をすんなりと受け入れられるはず。
 人の脳はいきなり一般の事柄を考えられるようにはできていない。どんな高級な思考もまずは「具体」から始まる。いわば「具体」というのは「一般」に向けての慣らし運転。そこでエンジンが温まって回転を始めることで、ようやく人の頭は「具体」から「一般」への飛躍を成し遂げられるのだ。問題文の中に例えば「n回繰り返す」という文言があり、いきなりそれを考えるのは難しいとき、まずは「2回繰り返す」「3回繰り返す」という具体的なケースで考えてみよう。シグマ記号があれば、具体的に和を書き並べてみよう。漸化式があれば、具体的に最初の数項を求めてみよう。原始的なやり方に思えるかもしれないが、これが難しい問題を考える手がかりとなることが多いのだ。

 ◆こう鍛える◆
一般的なことを考える前に、まず具体的な値で実験してみる習慣をつける


難関大突破力②:困難な問題を「分割」してとらえる力

著者プロフィール

池田 洋介先生

河合塾数学講師・パフォーマー。
京都大学理学部数学科卒。数学講師を務めるとともに、ジャグリング、パントマイムの公演を世界各国で行う。独特の斜め 45度視点から繰り出される硬軟入り交じった語り口が持ち味。本誌にて『螢雪合格塾』連載中。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中