page_top

【受験生の健康キープ委員会がゆく!】連載・第3回:「脳の健康」

  • 【受験生の健康キープ委員会がゆく!】連載・第3回:「脳の健康」
  • [2020/9/4]

《脳の特性を知ってもっと効率学習!》
夏休み明けから、受験勉強もいよいよ後半戦。
健康をを維持しながら、よりいっそうの効率学習を実現したい。
脳神経外科専門医の築山 節先生のお話をもとに脳をムリなく働かせるコツを伝授しよう。

お話をうかがったのは
(財)河野臨床医学研究所附属
北品川クリニック所長
築山 節 先生

 日本大学大学院医学研究科卒業。医学博士。埼玉県立小児医療センター脳神経外科医長などを経て現職。著書は『「疲れない脳」のつくり方』(PHPビジネス新書)『脳が冴える勉強法』(NHK出版)など多数。



こんな人は要注意!

□勉強以外のおしゃべりは時間のムダ!
□問題が解けないと、イライラする
□夏休み中はあまり歩いていない
□就寝はだいたい日付が変わってから
□朝はまず難問に挑戦!
□土日くらい朝はゆっくり寝ていたい
□疲れたらエナジードリンクで疲労回復


脳の健康対策①

 毎朝同じ時間に起床&朝食は受験生の基本

 メカニズムが複雑で、まだ謎も多い脳。しかし築山先生は「一定の生活パターンを保つことで、脳は機能を維持しやすくなる」と断言する。

「脳の機能には大きく3つの階層があります。ひとつ目は一番深部の脳幹。生命維持を担い、意識せずとも自動的に、呼吸や自律神経、眠気や空腹などの生体反応を処理していま す。ここで処理しきれない情報が送り込まれるのが、ふたつ目の大脳辺縁系。意欲ややる気を生み出す、いわば感情の源です。感情に次いで情報を処理するのが、思考や理性をつ かさどる大脳新皮質です」

 なかでも、すべての基本となる脳幹をうまく機能させるためには、負荷をかけないこと。すなわち毎日決まった生活パターンを守ることが大切だと築山先生。

「互いに連動しているこの3層は階層性といって、深部から順に立ち上がっていく特徴があります。そのため、最深部の脳幹にムリをさせることなく始動させるためには、規則正 しい生活、なかでも起床と朝食の時間を固定するのが効果的です」

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中