page_top

新型コロナウィルスへの対応として、多くの大学で入試の変更が公表されています。
必ず大学ホームページ等、公式の情報もご確認ください。

《後半戦を乗り切る!》免疫力を鍛えよう

  • 《後半戦を乗り切る!》免疫力を鍛えよう
  • [2020/9/1]

新型コロナによるストレスなどから、免疫力が低下しがちといわれている今年。
さらに受験生の大敵である風邪・インフルエンザのシーズンも迫りつつある。
後半戦の学習を効率よく進めるために、免疫力を効果的に維持する方法と感染症対策について知っておこう。

芝大門いまづクリニック院長
解説:今津 嘉宏先生
《プロフィール》
恩賜財団東京都済生会中央病院外科副医長、慶應義塾大学医学部漢方医学センター助教などを経て現職。著書に『最強の免疫力』『長生き朝ごはん』(ともにワニブックス)など多数。日本外科学会認定医・専門医、日本消化器病学会専門医、藤田医科大学医学部客員講 師、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤教員。


健康のためには高い免疫力が不可欠!

 ケガをした傷が膿んだり、風邪を引いたり...。これらは免疫力が低下した時に起こるもの。昨今では新型コロナウイルスに感染しても、免疫力が高い状態では発症しないといわれる。
「免疫」という言葉は日常的に使う、身近なものだが、実は免疫システムのすべてが医学的に解明されているわけではないと今津先生。
「人間の免疫には、生まれつき備わっているものと、誕生後に身についたものがありますが、簡単に言うと、生命を守り、健康な状態を維持するための身体の仕組み。たとえば、新型コロナウイルスが肌に触れただけでは、傷ついていない限り感染はしません。皮膚にも免疫機能があり、常在菌(常に決まった部位に存在する微生物)の働きで、外敵から身体を守っているんですね。また、鼻や口、喉など肌以外で外と接する部分でも、免疫は防衛線となり身体に侵入してくる外敵に対抗。一方、体内では、白血球が免疫をつかさどっていることも知られている通り、入り込んでしまった敵や、ガン細胞など体内でできた敵を攻撃する役割もあります」
 感染症などの抗体ができるのも免疫の働き。免疫力が高い状態を保てれば、一度、敵と認識したものにいち早く反応することができる。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中