page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

《キムタツ先生が教える!》最難関大[合格]にまつわる5つのエピソード

  • 《キムタツ先生が教える!》最難関大[合格]にまつわる5つのエピソード
  • [2020/6/25]

東大・京大をはじめとした最難関大に受かった受験生は、どんな状況・経緯を経て合格をつかみとったのだろうか?
多くの合格者を間近で見てきた灘中学・高校の木村達哉先生に、実際にあった印象深いエピソードを語っていただいた。

灘中学校・高等学校 英語科教諭
木村達哉 先生

Episode1
高3の7月まで野球部主将。
敗退後は勉強一筋で東大理Ⅲ合格!

 定期テストの成績は学年の真ん中ぐらいの生徒でした。模試に関してはかなり波があったので、東大理Ⅲに合格するような感じではありませんでしたね。そもそも部活動が楽しくて学校に来ているタイプの生徒で、高2の夏からは野球部の主将になり、ユニフォームを真っ黒にする日々。高3の春の面談で「受験はどうするの?」と聞くと、「夏の予選で負けた瞬間から、甲子園ではなくて東大を目指します」と宣言しました。そしてその通りに、1回戦で敗退した後は野球にはいっさい見向きもせず、猪突猛進で勉強していました。

 理系だった彼は、物理と化学では失点しないようにという僕のアドバイスに従って、勉強時間の大半を英語と数学と理科に費やしていました。学校での授業6コマが終わったら自宅に戻って勉強。塾には


著者プロフィール
木村 達哉先生

木村 達哉先生

灘中学校・高等学校 英語科教諭
教壇に立つ傍ら、英単語帳『ユメタン』(アルク)や参考書などを多数執筆。また、「英語教師塾」を立ち上げ、全国的な活動を展開している。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

7月のテーマ
毎月中旬更新

[難関大学]合格する人/落ちる人の特徴

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中