page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

“合格タイプ”or“不合格タイプ”…セルフチェックでわかる『合格適性』!

  • “合格タイプ”or“不合格タイプ”…セルフチェックでわかる『合格適性』!
  • [2020/6/15]

「合格する人」と「落ちる人」の間には、確実に違いがある。
そしてその差は、日常のふとした行動にも現れるもの。
このあとの12の質問を通して日頃の行動を振り返り、自分の“合格適性”をセルフチェックしてみよう。

問1 15分の空き時間、何をする?

A 暗記モノをチェックする
B なんとなく時間をつぶす
C 寝る・休憩する

 1日の生活の中に意外とたくさんあるスキマ時間。これを活かさない手はない。合格適性が最も高いのは、Aを選んだ人。15分あれば、それなりの量の事項を覚えることができる。一方、勉強の間の休憩時間や、なんとなく疲れているなと感じたときは、Cもあり。15~20分の昼寝は脳のリセットにも効果があると言われている。Bを選んだ人は、「スキマ時間にできることリスト」を作っておくと、いざ時間ができたときに即座に行動に移すことができる。



問2 朝、30分早く目覚めた。何をする?

A 二度寝する
B 起きて勉強する
C 軽い運動をする

 Bを選んだ人はもとより、Cを選んだ人も合格適性が高いと言える。睡眠により脳の疲れがリセットさ


この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

7月のテーマ
毎月中旬更新

[難関大学]合格する人/落ちる人の特徴

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中