page_top

新型コロナウィルスへの対応として、多くの大学で入試の変更が公表されています。
必ず大学ホームページ等、公式の情報もご確認ください。

[1週間から成果が出る!]超実践『英単語暗記術』

  • [1週間から成果が出る!]超実践『英単語暗記術』
  • [2020/4/27]

本山 勝寛さん
《プロフィール》
日本財団子どもの貧困対策チームリーダー兼人材開発チームリーダー。高校まで地方公立校に通い、独学で東京大学とハーバード大学院に合格。1か月で4000の英単語を暗記した。著書に『最強の暗記術』(大和書房)など。

英語力アップのため、避けて通れないのが英単語暗記。
基礎だからこそ、記憶力に自信がない人ほど早めに仕上げておきたい。
そこで、1か月で4000語を覚えた達人による英単語暗記のコツを伝授しよう。

 漫然とした暗記は非効率
 暗記戦略で計画的に覚える!


 英単語を覚えなくては! 誰もがそう思っているだろう。しかし本山さんは、漫然と覚えても暗記の成果が出にくいと言う。

 「確実に暗記し、成果を実感するには、暗記にも戦略が必要。つまり覚える期限と単語数を設定し、スケジュールを立てるのです」

 実は大学受験時は英語に苦手意識があり、暗記も好きではなかったという本山さん。志望校を決めた高校3年時から、英単語の暗記に本腰を入れたのだとか。手探り状態で模索しながら、自ら暗記戦略を編み出した結果、難関を突破。公立高校での勉強と、独学の自主学習で苦手を克服し、英語力を合格者平均レベルまで引き上げた。その後、その暗記戦略を活用して1か月で4000語を暗記。ネイティブにとっても難関のハーバード大学に合格した経験がある。

 一つひとつの単語の暗記を始める前にしっかりと戦略を練り、スケジュールに則って実行したことが勝因だったわけだ。


2000語を9月までに暗記するスケジュール例


この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中