page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

《東大クイズ王が受験勉強を指南》鶴崎修功・林輝幸の“突き抜けろ、学力!”

  • 《東大クイズ王が受験勉強を指南》鶴崎修功・林輝幸の“突き抜けろ、学力!”
  • [2020/4/24]

東大クイズ王2人が『螢雪時代』6月号からの連載に先駆けて、自身の経歴や大学受験の意義などを語る!


◆IQ 165の持ち主◆
 鶴崎 修功さん (上の写真・右)
 東京大学院 数理科学研究科修士課程 在籍
 (東京大学理学部数学学科 卒業)

出身高校:鳥取県立鳥取西高校
高校時の部活:卓球部

1995年生まれ、鳥取県出身。両親が大人になっても学び続ける姿を見ながら、数学好きに育つ。趣味はゲームで、高校時代には音楽系ゲームにハマる。東京大学クイズ研究会に所属し、現在はTBS「東大王」に東大王チームとしてレギュラー出演するほか、雑誌やWebメディアなどでも活躍中。


◆学びの情熱は負けない◆
 林 輝幸さん (上の写真・左)
 東京大学 文学部 在籍中

出身高校:富山県・片岡学園高校
高校時の部活:テニス部

1997年生まれ、富山県出身。幼少期に自宅にあった歴史マンガを読んだことをきっかけに歴史にハマり、現在は大学で中国史を学ぶ。「年号を振られたら、その年のトピックを答えられる」という特技をもつ。東京大学クイズ研究会に所属し、TBS「東大王」にレギュラー出演するほかWebメディアなどでも活躍中。



地方から東大を目指し、
壁を乗り越えて合格!

東大を目指したきっかけは?

鶴崎:高校時代に数学オリンピックの予選に出たことがあったんです。当時は京大もいいなと思っていたんですが、数学オリンピックの歴代の優勝者の顔ぶれを見ると、その後東大に進んだ人がかなり多くて。面白い学生がいそうだなと思って、東大を目指すことにしました。

:僕も最初は京大志望でした。京都という街への憧れがあっていいなと思っていたんですが、高校1年のときに政治、経済、文化とあらゆることの中心地である東京に行ってみたいと思うようになり、東大


この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2021年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月5日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中