page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

【先輩座談会】この努力の先の成長と可能性について

  • 【先輩座談会】この努力の先の成長と可能性について
  • [2020/2/14]

長かった受験生生活も、いよいよラストスパート。
今回は、受験の1年間の努力が今も大きな糧になっていると言う先輩4人に集まってもらった。
先輩たちの言葉を胸に、2次・個別試験に向けて最後まで全力で走り抜けよう。
以下、プロフィールに続いて座談会の模様をお届けする。

▼座談会・出席者/先輩プロフィール▼

東京大学 理科一類 1年 S・Tさん (神奈川県・聖光学院高校卒)

力を入れている活動:ソフトボール部

高校2年の冬に野球部を引退後、受験勉強を開始。早くから勉強していた同級生に追いつくべく、時間の使い方を工夫した効率学習で見事難関を突破した。受験勉強では、野球部で培った忍耐力を強化できたと語る。現在は将来の夢を見据えて勉強に励んでいる。


大学の魅力は?

 人脈を広げられ、自分の成長につながるチャンスが落ちている



早稲田大学 先進理工学部 2年 K・Yさん (東京都・お茶の水女子大学附属高校卒)

力を入れている活動:よさこいサークル

第1志望校だった国立大への未練を断ち切れないまま、早稲田大学に入学したが、全国大会にも出場する、レベルの高いサークル活動を通じて、この場で学べることの多さを実感。ハードな練習に加えて、ボランティアにも積極的に取り組んでいる。


受験勉強の意義は?

 辛いことがあっても、あの時に頑張れた自分が自信になる



東京大学 教養学部 2年 C・Aさん (東京都・豊島岡女子学園高校卒)

力を入れている活動:コピーダンスサークル、ボランティアサークル

進学した私立大で学ぶうちに興味関心がさらに広がり「多様な専門性をもった人たちに囲まれて、もっと広く学びたい」と考えるように。その後、第一志望だった東大への再受験を決意。模試は振るわなかったが、持ち前の楽観主義で合格を信じ初志貫徹を果たした。


受験勉強の意義は?

 自分がどこに向かっていて、
 今、何をするべきなのかを自ら考えるようになった



一橋大学 商学部 1年 N・Yさん (兵庫県立神戸高校卒)

力を入れている活動:英語サークルの英語劇

ソフトテニス部を引退した高校3年夏から受験勉強に着手。周囲からの遅れに焦りながらも、常に自分の学力を冷静に分析し、コツコツと弱点を補強していった。運動部で培った体力と、今までと異なる環境で学びたいという志望校への熱意で、現役合格を果たした。


大学の魅力は?

 主体的に動けば無限大の楽しさ!
 周囲を気にせず、自分がやりたいことができる



受験生時代 直前期

心境と取り組み

C・Aさん
 私はセンターで目標点に届かず「第1志望の国立大合格は200%ムリ!」という心境で(笑)、難易度を下げようかと考えたほどです。しかしどんな結果になろうとも納得いく判断をしたかったので、悩み抜いて予定通り、第1志望校に出願しました。

K・Yさん
 私もセンターで目標点を達成できなかったため、かなり悩んだものの、当時、第1志望だった国立大


蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

7月のテーマ
毎月中旬更新

[難関大学]合格する人/落ちる人の特徴

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中