page_top

【メンタル強化講義:4限目】 集中力ーー雑念を排し、ピークを高める

  • 《受験後半戦を走りきる!》[吉田式]“脳科学的”メンタル強化講義
  • [2019/8/20]

医学博士・心療内科医師
本郷赤門前クリニック院長
吉田たかよし先生

あれこれ気になって集中できな~い!
⇒⇒それは脳からの危険信号ですよ。


音読でやることに意識を集中させ、雑念を排除!

 学習効率を左右する集中力。集中力に関して、これからの時期、特に問題となるのが、「他のことが気になって集中できない」というものだ。

 集中を阻害する雑念には、他の教科が頭をよぎる、何らかの不安にかられるといった内的雑念と、音などの外部からの刺激による外的雑念とがある。秋以降は、ストレスにより内的雑念が増えると同時に、ストレスにより感覚が過敏になるため外的雑念も増える。隣の人のペンの音や時計の針の音が気になって集中できなくなる…というのはこれが理由だ。

 雑念を消すのに効果的なのが“音読”だ。雑念が湧いてきたら、そのときやっている教材の問題文などを音読(試験中など声に出せない状況では頭の中で音読)しよう。自然とそこに意識が集中し、雑念が消える。


常時フル稼動はNG!
脳への負担を抑えつつ、トップスピードを鍛える

 実は雑念は、脳が集中を阻害するためにわざと起こしているもの。脳に疲労が溜まっている危険信号


蛍雪時代

螢雪時代・9月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《受験後半戦を走りきる!》[吉田式]“脳科学的”メンタル強化講義 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中