page_top

[進路の先生がアドバイス] 志望校選びのポイントはこれだ!

  • [進路の先生がアドバイス] 志望校選びのポイントはこれだ!
  • [2019/3/26]

志望校を選ぶからには、入学後も満足できる大学を見つけたい。
そのためには、自分の“興味・適性”を探ったり、大学での“学び”や将来目指す“進路”への視野を広げたりと、様々な視点からのアプローチが必要になってくる。
こうしたポイントを押さえつつ、後悔しない志望校を選ぶには?
長年、多くの受験生の進路指導にあたってこられた堀 浩司先生から、アドバイスをいただいた。


滋賀県立草津東高等学校 進路指導課長
堀 浩司 先生

ステップ1 自分の興味・適性を探る

好奇心と熱意があれば 適性は後からついてくる

 「私は気が弱い方だし、血を見るのも苦手。看護師に向いていないのでは?」と悩んでいたAさん。彼女は控えめな人柄でしたが、患者さんの役に立ちたいという「熱意」を誰よりも強く持っていました。今は看護師として病院に勤め、「もう血には慣れました」と笑顔で話す彼女。本人が弱みだと思っていた性格は、きめ細かな思いやりや一歩引いて周りを慮る協調性という強みとなって、現場で活かされています。

 〇〇になりたい、△△を究めたいという熱意があれば、能力や適性は後からついてきます。わずか十数年の人生経験で勝手に自分自身を値踏みしてしまうことなく、自分の想いを確かめ、軸足を置くべき場所を探しましょう。


授かった「ギフト」を社会に還元する

 几帳面で何事も堅実にやり遂げる力、周りの人を明るい気分にさせる力、独創的で豊かな発想力など様々な力を君たちは授かっているはずです。このギフトを将来社会に還元するという発想を持てるとい


著者プロフィール

滋賀県立草津東高等学校 進路指導課長 堀 浩司先生

国語科教諭。滋賀県立守山高等学校では進路指導部長、スーパーグローバルハイスクール(SGH)推進室長等を歴任し、学力や進学実績の向上に向けた改革に着手。生徒の心に火を点ける、きめ細かな「仕掛ける進路指導」をモットーに、数多くの生徒を志望校合格に導いている。2009年度文部科学大臣優秀教員として表彰を受けた。

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中