page_top

【最終攻略ガイド:PART②】 (科目別攻略法) 国語

  • 2019年・センター試験“最終攻略”ガイド
  • 東進ハイスクール ●板野 博行先生
  • [2018/11/14]

「古4:漢4:現2」のバランスで、
効率的に得点を最大化しよう!


 今まで国語に十分に時間を割いてきたという受験生は多くはないだろう。逆に言えば、やってないからこそ、伸びしろのある教科でもある。60日間で効率的に得点を上げるには、古文・漢文に力を入れるのが王道だ。2018年の古文の問題は現代文的な解釈が必要な難度の高いものだったが、2019年は単語・文法や古典常識といった知識が身についていればある程度得点できる従来のスタイルに戻ることが予想される。また、漢文は現代文や古文に比べて覚えるべきことが圧倒的に少ないので、60日間あれば8~9割まで得点率を伸ばすことが可能だ。古文4割、漢文4割、現代文2割のバランスで、過去問の反復演習を軸とした学習をしよう。

あと60日の対策スケジュールは?


著者プロフィール
板野博行先生

板野 博行先生

東進ハイスクール、東進衛星予備校国語講師。京都大学文学部国文科卒。『古文単語ゴロゴ』(スタディカンパニー)は受験生から圧倒的な支持を受けるベストセラー。近著に『勉強の鬼原則』(大和書房)がある。

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

2019年・センター試験“最終攻略”ガイド 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中