page_top

模試判定の受け止め方:【先輩大学生にも聞いた!】…1学期・E判定は苦手発見の契機に

  • 《これからの指針にすべし!》1学期・模試判定の受け止め方
  • [2018/6/14]

北海道大学 総合理系 1年 M・Nさん

福岡県立福岡高校(2018年卒)
得意科目:生物
苦手科目:数学、化学


1学期・模試判定をどのように受け止めたか

悪くても落ち込まず、入学定員中何番にいるか確認

 判定ではなく、同じ志望校の人の中で自分が何番目にいるか見ていました。入学定員の中に自分が入っていたらとりあえずOKということにして、悪くても落ち込まないようにしました。
 模試は、受け終わったときに一通り見直しをして、理解していなかったところを確認するようにしていました。夏にはオープン模試が各塾で行われていたので、それをすべて受けることで本番の雰囲気を経験しました。
 オープン模試は、結果が帰ってきた後と、その1か月後の2回解き直しをしました。そうして志望校の問題に慣れるようにしました。

1学期の判定を踏まえたその後の課題と対策


この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《これからの指針にすべし!》1学期・模試判定の受け止め方 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

“北海道大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

10月のテーマ
毎月中旬更新

[現役合格へ全力応援!]先輩の合格メソッド大公開

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中