page_top

18歳選挙権

  • [最新ニュース&問題分析から精選!] 2018年入試『小論文キーワード100』
  • [2018/2/8]


2015年6月、選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が成立。2016年夏の参議院選挙から適用され、高校生を含む投票日に18歳以上になる有権者が投票できるようになった。衆議院選挙のほか、地方自治体の首長選挙や最高裁判官の国民審査などにも適用。選挙権年齢の変更は70年ぶり。民主主義の基本制度の一大改革である。

【出題の狙い】18歳選挙権と民主主義、政治改革、若者の政治参加の課題などについても問われる。

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

1月のテーマ
毎月中旬更新

[現役合格! いくぞ、受験生!!]センター試験 総力対策号《最終チェック・編》

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中