page_top

今年受験に失敗した浪人生。焦り過ぎて勉強に集中できません…。

  • [2018/5/14]
  • 関連キーワード:勉強法、浪人、模試、メンタル

質問

 サブロー先生、こんにちは。私は今年受験に失敗し、浪人生になった者です。友だちがみんな大学生になり、私一人浪人生ということで、現役の頃以上に焦りがあります。なので、予備校の自習室で毎日夜遅くまで勉強しているのですが、焦り過ぎて全然集中できていません。参考書や問題集を開いても、すぐ思考が変なところへいって悪い妄想をしてしまいます。現役の頃から伸びている気が全くしません。
 今度、浪人生になってから初めての模試があるのですが、E判定をとる気しかせず、怖くて正直受けたくありません。そんな結果を見せて親を失望させてしまうのも辛いです。ならば勉強しなければとわかってはいるのですが…。

回答

 こんにちは、サブローです。GWも終わり、順調に授業が進んで嬉しい限りだ。そろそろ中間試験の高校もあるでしょう。わかっているとは思うが、いま進めている受験勉強の手を止めてはダメ。朝教室に入って「今日から中間試験なんだ」と、サクッと8割取れるぐらいの余裕が欲しいね。中間があるからと言って受験勉強を中断してしまっては、それまでの努力は水の泡だぞ。「あのー、推薦入試のために評定平均上げなきゃならないのですが」という生徒にはこう言います。「その推薦は合格率100%? 不合格になったら一般? その準備は大丈夫?」それでは今日の質問に答えよう。

記事画像

 おーい、元気出せ! 受験生にネガティブは禁物! これから私が言う言葉を声に出して言いなさい。『私は失敗したんじゃない。合格と不合格との差は紙一重。それはまさにケアレスミスの数。あと2問、あと3問得点できたら合格だったはず。そのケアレスミスをなくすために頑張っているんだ。しっかりと基礎力を身に付けて、問題演習をしっかりやるぞ。来年絶対に大学生になってやる!』

 悩んでいるときには、親友に、家族に、または恩師に、つまり知っている人たちに自分の気持ちを話したら、もちろん励ましの言葉を掛けてくれて、それがきっかけとなり立ち直ることができれば良いが、うまくいかないこともたびたびあるものだ。結局のところは「君が君自身を奮起させる」以外にはないと思う。しかし、まったく知り合いではない私にメールを送り悩みを打ち明けてくれているという行動は、“自分で何とかしなければ”という気持ちの表れではないかな。つまり一つの成長の証ではないだろうか。まずは第一段階クリアと自信を持ちなさい。

 次は、高校時代の勉強方法の反省をこれからの勉強に生かそう。きっと勉強方法に変化がないことも今回の悩みの原因だと思う。それが成績に反映されていないことにもつながっているはず。勉強の基本は『解答までのプロセスを理解すること』だ。できなかった問題があったら、先生の説明を聞くよね。それを家に帰って声に出して言えるまで何度も繰り返しなさい。「声を出す勉強」って睡魔にも襲われず、メリハリある勉強になるはずだよ。自習室で黙々と勉強していては、おそらく集中力が切れた時に、悪いことばかり考えてしまうものだよ。このように勉強方法にちょっとした工夫を加えることだけで、間違いなく君の成績に変化が出てくるのはもちろんのこと、気持ちも安定してくるはずだ。声を出す勉強なので、しばらくは自習室より自宅を基本にしてみたらどうだろう。

 それでは模試について一言。これについてもネガティブに考えるんじゃない。ここで質問だが、「30点は悪い点数か?」そんなことはないぞ。取れなかった70点分をしっかりやり直して自分の弱点を探し、60点取るためには、80点取るためには自分にどんな知識や得点力が必要かを知ろう。同様に「70点は良い点数か?」違うぞ。取れなかった30点分を… もうわかったね。点数に良いも悪いもない。もう一度言うが、模試を受ける意味とは『自分の弱点を見つけてそれを一つ一つ潰していくこと』だ。

 最後に、少しは元気出たかな? 「どうせ模試を受けたってE判定だ…」じゃないぞ。「自分の弱点を見つけに模試を受けに行ってきまーす!」と元気良く受験しに行きなさい。無理はせず一つ一つ階段を昇って行こうよ。絶対来年は大学生だ! “顔晴れ”よ!
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中