page_top

日々勉学に励んでいる浪人生。息抜き・休憩をすると罪悪感を感じ、リフレッシュできません…。

  • [2018/4/23]
  • 関連キーワード:勉強法、浪人生、予備校、メンタル

質問

 サブロー先生、こんにちは。浪人の勉強法について質問です。
 僕は今年の入試で失敗し、来年の入試も受けます。今年の入試では、記述模試、マーク模試、センターリサーチでC判定の大学を受けました(受けた大学は、第三希望の大学でした)。そして来年はもともと第一志望である某・旧帝国大学に必ず合格したいと思っていて、日々勉学に励んでいます(その大学は今年受けた大学より偏差値が「8」ほど高いです)。 今は寮に入り、予備校で勉強する日々です。正直、何ランクも上の大学なので本当に合格できるのかと不安を感じており、また、息抜き・休憩をすると罪悪感を感じ、全然リフレッシュできません(週に一回息抜きをする予定です)。息抜きに対して、どのような考えを持てば良いのでしょうか?
 また、これまでサブロー先生が見てきた生徒さんの中で、僕のような失敗をしてもともと第一志望の何ランクか上の大学に合格した方はいらっしゃいますか? さらに、僕が第一志望の大学に合格できるにはどのようなことを心がけて勉強するべきでしょうか? ご回答よろしくお願いいたします。

回答

 こんにちは、サブロ―です。最初に、ユーザーのみんなに少しお願いがある。成績に関してはできるだけ詳しいデータがあると… 例えば○月の進研マーク模試(進研記述模試)で「偏差値○○」とか、センター試験得点率「○○%」などを教えてくれると、より正確にアドバイスができるようになるのでよろしくね。それでは今日の質問に答えよう。

記事画像

 まずは「息抜き・休憩」についてだが、「罪悪感」なんて感じることはない。「目が開いている時はすべて勉強!」では息も詰まるばかりでなく精神的に参ってしまうよ。息抜きと勉強をバランスよく、メリハリをつけて行うことが身体にとっても心にとってもプラスになるはずだ。予備校での授業では、きちんと休み時間が設けられているので問題ないが、自習室や自宅での自習中は60分勉強したら10分休む感じで休憩を挟もう。また、近所をウォーキングするなど運動することも一日一回は取り入れると健康面で良い効果だと思う。そして、高校時代の友人とどこか遊びに行くというのも良い気分転換になると思う。たとえば君と同じく浪人している友人との情報交換や、大学生になっている友人と話すことによって、「来年は絶対に大学生になってみせる!」とモチベーションアップにもつながるかもしれない。ただし「けじめを付ける」ことを忘れないでね。

 それでは私がこれまで出会ってきた生徒で、一浪で第一志望(もちろん難関の国公私立大)に合格した生徒の共通点を話そう。

【1】:予備校が始まる(4月中旬)までに苦手個所を徹底復習した。
この理由はわかるかな? 予備校の授業が始まって、「あれ~わかんないや」を連発していたら、その理解や授業の復習ばかりに時間をとられ、肝心の「問題演習」にかける時間が不足してしまうからだ。現役生に比べて浪人生の強みは、やはり演習に多くの時間をかけられることにあるのだ。
 「ヤバい!」と思ったら!… その場合は、ゴールデンウィークをうまく使おう。国公立希望なので、昨年度のセンター(できたら過去2~3年分)を満点が取れるまで何回でもやり直そう。その際に、できなかった問題について自分に何が足りないか? どのようなプロセスを理解する必要があるか? について追求すること。これらを「私の苦手ノート」と命名したノートに記録しておくのだ。これをいつも見ることによって、自分の苦手を理解し、本番で同じような問題が出た時に、細心の注意を払って解くことができるようになるのだ。これでケアレスミスとは「サヨナラー」になるとは言いすぎだが、減らせることは間違いない。

【2】:予備校の授業に追われるのではなく、自主勉強の時間を確保できた。
 「うちの予備校の授業を受けるだけで、○京大に合格できます!」なんてキャッチコピーがあったら、それは大ウソだ。もう少し詳しく言うと、過去問演習の授業で、先生からの説明を聞いて「こういう風に考えれば解けるんだな。」を理解できたことは良いことだ。しかし、自力で解けていないのでこの授業を出ただけでは合格できるはずはない。君が自分で過去問を解いて、解答までのプロセスを言えて正解になることが真の実力につながるのだ。この演習を繰り返さないと実力は付かない。だから君だけで勉強する時間を確保することは本当に大切なのだよ。

 最後になるが、「エッ、アドバイスは2つだけ?」と言われそうだが、これだけです。もう一度言うが、“予備校に通うことが合格につながるのではない”ということを理解してほしい。予備校はあくまでも「解答までのプロセスのツール」に過ぎず、実際に合格の決め手となるのは自分でやる「演習」だ。予備校に振り回される(依存する)のではなく、予備校をうまく利用することが本当の付き合い方だよ。それでは頑張れよ!
 サブロ―

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中