page_top

理系の高2生。塾・予備校に行くべきか迷っています。

  • [2018/3/5]
  • 関連キーワード:勉強法、高2生、理系、塾、予備校、模試

質問

 サブロー先生、こんにちは。私は某私立高校に通う現・高2生です。理系コースに通っており、立教大の理学部を第一志望にしています。この時期になって、周りのみんなが塾へ行き出しました。私は集団塾が苦手で、中学の頃から行っても全然成果が得られず、大学受験も一人で頑張ろうと思っていたのですが、担任の先生や親は行ったほうがいいのではと勧めてきます。あと一年、模試の判定はまだ「D」しか取れていません。やはり大手予備校などへ行くべきなのでしょうか?

回答

 こんにちは、サブローです。いまの高3についてだが、今年は昨年以上に厳しい受験状況になっている。自分のクラスばかりでなく他クラスの生徒の「全落ちです」「補欠が一つ来ているだけです」といった進路相談を2月中旬ごろから連日受けている。そんな中で浪人すると決めた生徒も多い。その原因は『予備校』選択のミス? いや予備校には何の問題もないと思う。悪い言い方をしてしまうけど、予備校の宣伝文句を「まるごと信用」してしまったというのもあるかもしれないが、今回の質問に対する結論を言うと…

記事画像

 今では「映像での授業中心の予備校」「集団授業の予備校」「個別指導の予備校」と形式は様々だが、予備校に行っている人が成績が上がり合格率が良いとか、行かない人が悪いとか、そんなことは全く当てにならない話だ。勉強は自分の力でやるもの。その上で君がどのように予備校と付き合っていくかが大事なのだ。つまり君次第。この『君次第』についてアドバイスをしていこう。

 まず、私は基本的に予備校反対派だから「予備校不要」について話すぞ。その理由は「学校に通っているのになぜ予備校に通う必要があるのか?」だ。これは声を大にして言いたい。また、どの高校にも進路指導部があり、受験のための情報は豊富だし、受験校の相談だってできる。さらにもう一言付け加えると予備校の費用だ。あとでも話すが、自分でできることは自分でしっかりやるという意識を持って、保護者の負担はできる限り減らすべきだ。では予備校不要の場合の勉強方法・勉強に対する姿勢をアドバイスしよう。

(1) 高校での授業を大切にし、教科書をボロボロになるまで使い込み、その完全理解を目指す(これが基礎力養成)
(2) 問題演習・過去問演習の教材は書店で購入可能(これが応用力養成)
(3) 校内や外部模試で実力を試す(志望校合格可能性の把握)
(4) 質問や添削については高校の先生をフル活用

 ちょっと話題がそれるが、最近「定期考査ではそこそこ点数は取れているが、模試になるとまるっきりダメなんです」という質問が多いのだが、そういう人たちは(1)を土台にして(2)をしっかりやるように。話を戻すが、以上のことがしっかりできている人は、勉強方法も確立できているはず。予備校や塾へお金を払う必要なんて全くないし、それらのお金は大学入学の資金にできる。最終的に、これを実行できた生徒は「高校の授業+自分の勉強」で見事第一志望を突破できるはずだ。

 次に「予備校必要」について話そう。自分の意思で予備校に行きたいというのであれば、次に挙げる条件をクリアして欲しい(もう一度言うが、学校の先生や保護者から言われたからではなく、あくまでも自分の意思でだよ)。

(1)勉強の習慣・方法が確立されていること。
(2)高校と予備校の両方の授業を大切にし、どちらの予習・復習も疎かにしないこと。
(3)予備校に振り回されるのでなく君が予備校を振り回すこと(笑)。

 この「振り回すこと」とは何かというと、予備校の先生方をフル活用。つまり、予備校からの教材の予習・復習や宿題に追われるようなアップアップの状態ではなく、予備校の先生にわからない部分を質問するのはもちろんだが、それだけで終わってしまったらもったいない。君が力をつけるためには必要な知識や、様々な勉強方法などをアドバイスしてもらい、先生方からありとあらゆるものを吸収することだ。

 どんなに良い予備校があっても、そこにどんなに良い先生方がいても、その予備校が、そこの先生方が、君を立教大には入れてくれない。それらを有効に活用できるかどうかは、『君次第』というわけだ。

 最後に… 中学の時の塾についてもう一度思い出してみよう。おそらく上に書いた内容だと気付いてくれたかな。もし予備校に通うのであれば、悪い言い方をしてしまうが、「その予備校のお客さん」となったらダメだよ。もう一言付け加えると、「〇〇予備校さん、私を立教に合格させてください!」という気持ちになっては絶対にダメだよ。最後にもう一度言うが、合格できるかどうかは『君次第』だ。それでは、君にとって一番良い勉強環境を整えるのだ。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中