page_top

公立大学志望の新高2生。模試対策と推薦入試についてアドバイスをお願いします。

  • [2018/2/5]
  • 関連キーワード:新高2生、公立大学、模試、偏差値、推薦入試、センター試験

質問

 サブロー先生、こんばんは。今年で高校2年生となります! 私は公立大学で栄養学を学びたいと考えています。この前、3回目の進研模試を受けました。1回目の時より2回目の方が点数がとても上がりましたが、それでも全体で「半分より少し下」くらいしか取れません。間違った所をやり直さなきゃいけないのはわかっているのですが、間違いの多さに手がつけられません。どのようにしたら「やり直そう!」と、モチベーションが上げられるのでしょうか…。そして、『模試対策の勉強方法』はどのようにしたらいいのですか? また、塾に通うことも考えています。行った方が良いのでしょうか? 個別指導の塾ですが、今まで塾に行ったことがなくわかりません。公立大学を目指していると書いたのですが、「推薦」も目指そうと思っています(というか、センター試験では私は行けなさそう…と思っています)。評定は4.2以上はあるのですが、推薦は狙えますでしょうか?(通っているのは偏差値49の高校です) 推薦を目指すのであれば、どのくらい必要なのでしょうか? これからの勉強法についても知りたいです。たくさんの質問すみません。

回答

 こんばんはサブローです。最悪~! インフルエンザA型にかかってしまった。他学年は学級閉鎖がいくつかあったが、私は高3の学年なので授業もなく油断していた。パスナビのみんな、とにかくマスク、手洗いにうがいを忘れないでね。特に電車の中は要注意。それでは今日は高1生からの質問に答えよう。

記事画像

 まずは「模試」だね。「2回目が上がった」というのは、2回目からは高校学習範囲が範囲となっているので、普段の勉強の成果が出たと見るべきだ。素晴らしいよ! しかし、「模試のやり直し」は気合を入れてやるべきだ。なぜならば、取れなかった半分ぐらいの問題は、ケアレスミスや習っていない問題もあったとは思うが、やはり応用問題に対応できていなかったことが原因だろう。そこを1問でも2問でも得点できることが最終的に第一志望の公立大学合格につながるのだ。教科書レベルの基本問題に対応できる力に加えて、どのような力を備えておくべきかを徐々に理解できるようになると、高3になって焦ることはないぞ。早めの対策が絶対に得になる!

 次に、「塾に行くべきか?」について「模試の対策」と一緒にアドバイスしよう。評定平均は4.2以上あるが、模試で半分ぐらいしか取れないことに不安があるようだよね。もしかすると、学校の定期試験はある程度暗記で取れてしまっているんじゃないかな? 中学の頃も同じような勉強方法だったかな? もちろん暗記は必要だよ。でもそれが全てになってはいけない。これからの勉強方法や勉強習慣を改善しなければ、評定平均は高いが、偏差値は低いという、まさに反比例の状態になってしまうぞ。これを改善するために「塾」という方法もあるが、まずは自分で問題集などを使って演習を繰り返すことで、暗記したことをどのように応用すれば解答までたどり着けるかを理解できるようになるはずだ。この解答までの道筋を数多く経験することが応用力を身につける方法なのだ。これが身につけば塾は不要だ。

 最後に「推薦入試」についてだ。「どれくらい必要ですか?」だが、高1の君には少々厳しく感じるかもしれないが、絶対に覚えておいてくれ。仮にオール5の5.0あったとしても小論文や面接で失敗すれば不合格。それから推薦入試ではセンター試験が合否の判定に使われる国公立大も多いことも忘れないでくれ。高1生で理解してくれるとありがたいのだが、推薦入試に対してどういう考え方を持つべきかを伝える。

 『推薦入試を受験する際には出願基準として評定平均の基準(たとえば4.0以上など)が定められているが、それをクリアしたからといって合格するとは限らない。もし高3の11月末頃(推薦の合格発表はこの頃)に不合格になった時、「ヤバイ、推薦で合格できると思っていたから一般受験の勉強を全然やっていないよ。」では、あとの祭りだ。だから常に一般受験というのを意識して、もう一度言うが授業に集中し応用力も身に付けていくことが大事だ。その上で高3になった時に、君の第一志望の公立大学の推薦入試を、一般受験の勉強もしながら挑戦できると確信したならば受験しなさい。』

 それでは、今のうちからその公立大学のパンフレットと入試要項を取り寄せて熟読して、これからどんな姿勢で勉強するべきかをじっくり考えてみよう。また、教科の勉強ばかりでなく、一般教養を身に付けるために、読書に励み、新聞にも毎日目を通すこと。特に「栄養」に関する記事はノートに貼るなどして、感想などを書いておくと後でとっても役に立つぞ。それでは頑張ってね。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中