page_top

高1生。将来外国語を使う職業に就きたいのですが、文理選択で迷っています。

  • [2017/11/20]
  • 関連キーワード:勉強法、高1生、入試科目、文理選択

質問

 サブロー先生、こんにちは。間近に文理選択が迫っている高校1年生・男子です。外国語を使って、世界を飛び回る仕事に就きたいという漠然とした夢しかなく、文理選択に迷っています。いろいろな職業を調べたところ、外資系スタッフ、国連スタッフ、国際公務員、外交官といった職業に興味を持ちました。これはやはり、文系に進むべきなのでしょうか。(進学校に通っているので、化学基礎、生物基礎、物理基礎は1年生の間から授業があり、また、数Ⅰと数Aは範囲が終わったので数IIと数Bに入っています。)ご回答よろしくお願いします。

回答

 こんにちは、サブローです。この季節の夕方になると、うちの校舎の5階から見える富士山と夕焼けが素晴らしいのだ。でもこの夕焼けが見える頃になると、徐々に秋も深まり本格的な冬へ突入だ。朝夕の冷え込みも一段と厳しくなってきたね。さぁ、体調管理に気をつけて勉強に励もう。それでは今日の質問に答えるぞ。

記事画像

 質問を読む限り、君の進むべき道は「文系」で間違いはないだろう。そして、文理選択をする際に忘れてはならないのは、第一志望校を決めて、その受験科目をチェックすることだ! これは絶対に忘れないように。これを簡単に検索する方法があるぞ。パスナビのHPを使おう。トップ画面でまず「国立・公立・私立」にチェック、次に学部系統はおそらく「語学・教養学・国際関係学」かな…それを選択・チェック、最後に「都道府県」を選んで検索してみよう。検索結果の一覧で気になる大学を見つけたら、大学ごとに「受験科目(一般入試、およびセンター試験利用入試)」のところをクリックすればすぐにわかるぞ。君の夢をかなえる学部の名称はおそらく国際教養学部のような、国際…という名前が付いている学部が多いだろう。

【パスナビ編集部・注】サブロー先生が例にあげた「国立・公立・私立」「語学・教養学・国際関係学」を選択し、都道府県を「東京都・神奈川県」に絞り込んだ検索結果ページはこちら。
(このページで「都道府県」を変更することもできるので、トライしてください)

 それでは第一志望に合格できるように、今から心掛けておくべきことを話しておこう。まず教科の勉強だが、私立大の受験科目は3教科で、基本的には文系は英・国・地歴公民、理系は英・数・理だと思っている高1生も少なくないと思うが、難関大レベルばかりではなく中位レベルの大学でも、5教科を受験科目にしている大学は多いのだ。だから君が、国公立大を狙うにせよ、私立大を狙うにせよ、ぜひ5教科しっかり勉強することを心掛けよう。

 余談だが、なぜ私立大学でも5教科受験が増えていると思う? それはね、大学としては、3教科だけを中心に勉強した学生よりも5教科しっかり学んで、たとえば文系の学部でも理系科目の知識を持った学生に(もちろんその逆も)入学してほしいと願っているからだ。

 さらにざっくりとした今後の勉強計画だが、英・国・数の3科については高2の2学期までに、または遅くとも高2終わりまでには基礎を完璧にしておくと、その後の勉強計画が立てやすくなるぞ。なぜかというと基礎が固まっているとすぐに問題集などを使って演習に入れるからだ。そうすると腰を落ち着けて理科や地歴公民の勉強に取り組めるようになるよね。なぜこれを勧めるかというと、こんなわけがあるのだ。実は、国公立(5教科受験)を第一志望にしている現役生が不合格となる一番の原因は、な・な・なんと『理科・地歴公民の勉強時間不足』が挙げられるからだ。高3になっても英・国・数の基礎固めをやっていたら時間が不足するのは間違いないでしょ。特に数学では、教科書レベルの問題は解説できるくらいには理解してほしい。英語でも教科書レベルの単語力や、全て訳せる力は持っていてほしい。国語に関して特に言いたいのは、古典文法をおざなりにしないことだ。

 私がこの話をするときはいつも「高2の3学期」と言っているが、君の高校が先取り学習(すでに数ⅡBをやっている)をしているようなので上記で2学期と書いた。だから高2の3学期から演習に入れて、高3春の模試にその成果が表れたらメチャメチャ嬉しいよね。良いスタートが切れたことになる。

 それでは、君の夢が実現できる大学を探し、早めの学習計画を実行し、合格を勝ち取ろう。そして世界を舞台に活躍できる日が来ることを祈っているよ。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中