page_top

推薦入試を受けることを決めた高2生ですが、受かるか不安で仕方ありません…。

  • [2017/10/23]
  • 関連キーワード:勉強法、高2生、メンタル、推薦入試、AO入試、一般入試、偏差値

質問

 サブロー先生、こんにちは。私は高校2年・女子です。今、学校で志望校を決めて提出しなければならない時期になりました。ですが、なかなか1つに決められず、不安でならない日々を過ごしています。私は模試が苦手で、「行きたい」と思っている大学はお恥ずかしいことにE判定やD判定ばっかりです…。それでも、学校のテストや成績は『中の中くらい』です。評定平均でいうと「3.7」くらいです。なので、色々調べて私は推薦入試を受ける方向である程度固めました。推薦入試でも、AO入試か自己推薦かと悩んでおります…。これと言って特別な才能もないので、受けたところで受かるか不安で仕方ありません。唯一自信が持てる事といえば、どうしてこの学部を志望したのか、と聞かれた時 はっきり言えることです。私は経済学の福祉やグローバル系を学びたいと思っており、現在の状況から改善策を見つけ、障害のある方などにより過ごしやすい毎日を提供したいと思っています。このことを熱弁はできそうですが、それだけで受かるでしょうか…。本当に不安で、泣きたい気持ちでいっぱいです。アドバイスをお願いいたします。

回答

 こんにちは、サブロ―です。まず伝えておかなければならない大事なことがある。それは、指定校(公募・自己)推薦・AO入試を“唯一の目標”にすることは絶対に避けてほしい。理由をいくつかあげるぞ。

記事画像

① 公募・自己推薦・AO・もちろん指定校でも、合格が100%保証されているわけではない。指定校でも不合格者はいるんだよ。ホントだよ。うちの高校でも過去に1名いた。
② 指定校推薦で仮に枠が1名の場合で希望者が数名出たときには、君より評定が高い人が出てくればその人が通過する可能性が高い(評定だけでは決めないこともあるかもしれないが…)。
③ このような入試制度には評定平均が条件になるのが普通だが、高校によってはレベルの高い大学の指定校の場合には評定だけでなく、模試の偏差値も見ることも多い。
④ 仮に評定平均が高いという理由で選考会を通過し合格をもらった場合、一般入試でも合格できるぐらいの実力(偏差値)をつけておかないと、大学入学後の授業についていけなくなる恐れがある。

 これを読んで複雑な思いをしているだろうか? 結論を言うぞ。これらの受験方式を利用しようとする場合には、第一志望というのが絶対条件であるのは言うまでもない。さらに学校の勉強も、年数回ある模擬試験もしっかり力を注いで結果を残しているか? …もっと言えば、部活動・学校生活へも積極的に参加したか? 出欠席についても皆勤か、または限りなくそれに近いか?… つまり高校生活すべてのことが評価される入試制度なのだ。

 ここまで言えばわかってくれたとは思うが、改めて言うぞ。君が今やらなければならないことは「推薦で行くことに決めました」ではなく「模試の成績と定期考査の成績を上げていくこと」じゃないか。このための努力をしなければ、努力と苦労を知らないまま大学生になる…、いや大学生になれないかもしれないぞ。

 間違いなく君は勉強方法の改善が必要なので、そのことを伝えよう。日々の勉強については予習復習の徹底。小テスト・定期考査や模試については完璧なやり直し。この際共通することは、できなかった問題について自分のどんな知識が不足しているのかを見つけること。自分で見つけられなかったら先生の力を借りること。そしてその知識が補えて、できなかった問題を完璧に理解できたら、同様の問題で演習を重ねるのだ。ここまでやってようやく知識がしっかりと定着したことになるのだ。例えばこの冬休みから3月末までの間にこれまでの定期考査と模試のやり直しに集中しなさい。

 最後に、上記のことがしっかり実行できたら間違いなく3年の模試・定期考査で成果が出るはずだ。だって基礎力が身についているからだ。そして来年の春から夏にかけて君の第一志望に推薦やAOがあるのを見つけたならば積極的に利用するべきだ。もちろん推薦のための準備は必要だが、一般入試・センターの勉強も平行して行うことを忘れずに。しかし残念ながら不合格になったとしても君はこう言えるはず「不合格なんか気にしない。だって私はしっかり勉強してきているから、絶対に一般でセンターで合格してみせる」って! しっかり計画を立てて、高2が終わるまでに基礎力を固めるのだ。ガンバレよ。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中