page_top

国公立大学を目指しているのですが、授業で選択していない受験科目があり、ほとんど諦めている状態です…。

  • [2017/9/25]
  • 関連キーワード:勉強法、国公立大、選択科目

質問

 先生、こんにちは。私は国公立大学を目指している高3の女子です。この時期に今更何言ってるんだ、と思われるかもしれませんが、実は未だに第一志望が曖昧なままです。…というより正確に言えば、行きたい大学はあるものの、自分が授業で選択していない数Ⅱ、数ⅡB、簿記、情報基礎etc…の中から必ず1つ受験しなければならず、それはどう考えても無理なので、もうほとんど諦めている状態です。部活の顧問の先生は、元々私をその大学に推薦入試で入れようと考えてくれていたみたいなのですが、今となってはその先生にも諦められているように感じます(多分内申点足りてないし…)。一方で、ランクは少し下がるし私の専門とは若干違う分野も含まれるのですが、受験科目に問題は無く、一応自分のやりたいことができそうな大学もあります。今は可能性的にも、その大学を第一志望にしようかと考えています。ただ、その大学の中で私が行きたい学科は、募集定員が3人と非常に少ないです。それに対して倍率は毎年3倍ぐらいです。これをどう受け取ったら良いのか分かりません。定員3人で倍率3倍ということは、9人ぐらいが志望しているということで合ってるんでしょうか?(馬鹿ですみませんw )こんな心配してる暇あったら勉強しろって話なんですけど、臆病なのでどうしても「3人」という数字にビビってしまいます…。たった3人の中に自分が入れるかとても心配です。優柔不断で他人の言葉に毎回左右されて、自分の意思を貫き通す度胸も無いくせに、いつまでも甘い考えでいる自分が凄く嫌です。でも、将来のために本気で大学に行って勉強したいと思っているのも事実です。こんな私ですが、どうか先生からアドバイスをいただけないでしょうか? よろしくお願いします!

回答

 こんにちは、サブローです。いま鹿児島にいます! 修学旅行ではありません。実は保護者向けの講演に来たのです。講演の終盤は「受験生を持つ保護者の役割」を話し、特に強調したのは、「大学受験は、子供本人が大きく自立するきっかけとなるので、それに関わるさまざまなこと、特に受験校を決めることは必ず本人に任せてください。」と伝えました。講演後に保護者の方とお話をしたのですが、「わかってはいるが、成績のことが心配で、どうしても口が先に出てしまうのです。」というお話を伺いました。「当然その通りだと思いますが、苦しいですが我慢してください。親のストレスは子供に伝染します。」と伝えました。受験生諸君、親も君たちと同じように様々なストレスに襲われていることを理解し、できる限りコミュニケーションを取り、お互いにストレスを溜めないようにしていこう。それでは、今日の質問に答えるぞ。

記事画像

 先週の質問に引き続き、君にもアドバイス… もちろんするが、まず喝(カツ)を入れないと目を覚ましてくれないようだな。覚悟するように!

 まず、「自分が授業で選択していない数Ⅱ、数B、簿記、情報基礎etcの中から…」だが、選択しなかったことを“無理”という理由にしてはダメだぞ。そんなこと最初から分かっていたことなのだから。自力で勉強していくつもりだったが、できなかった原因はどこにあるのか、君はわかっているだろ? 勝手な想像で申し訳ないが、恐らく他の科目だって十分な成績が取れているようには思えないのだが、どうだろう? そして志望校を変更するようで、「今は可能性的にも、その大学を第一志望に…」と言っているが、合格できる保証があるのか? もしかするとAやB判定が出ているの? この時期にその判定が出ていると、油断をしてしまい、最悪な結果になることもあるのだぞ。予備校などの昨年度の受験結果資料を見てごらん。A・B判定でも不合格の人はいるでしょ。来年の資料でその中に君が入ってしまったらどうする? 今ならまだ間に合う。気持ちを入れ替えてこれまでの君の反省点を改善して再出発をするのだ。分かった? それではこれからのアドバイスをしよう。

 まず志望校についてだが、恐らく2次の個別試験でそれらの科目(数Ⅱ・数B…)のうちの1科目を記述で受験しなければならないのでしょう。私は絶対に第一志望を諦めることは勧めないが、今回は例外だ。その受験科目の関係で諦めざるを得ないが、さっきも触れたが、もう一つの志望校を第一志望の気持ちを持って、さらに合格可能性が高いということも忘れ、勉強に取り組むようにすること。第一志望を下げた時は、モチベーションも一緒に下がってしまうことを心配しているのだ。本当に忘れないでくれよ。

 次に定員が3名のことだ。この数字は確かにビビってしまうが、そんな時は「定員は30人 受験生90人」と考えたらどうだ? 倍率は同じだし、30人となれば可能性有りそうな気持ちになれるでしょ。定員一桁の時は後ろに0を付けよう。発想の転換でポジティブに考えるのだ。

 最後に「優柔不断で他人の言葉に毎回左右されて、自分の意思を…」とあるが、人を180度変えるというのは無理にしても、意識を変えることはできるはず。そのきっかけは勉強に対する姿勢だ。つまり勉強方法に変化を加えていこう。質問を読む限りそれがあまり確立できていないように感じたからだ。基本は「勉強は苦手箇所を探しては治療する。治療したら問題演習。」この繰り返しだ。さらに「その苦手箇所をノートに書き残しておく。」試験前日にこのノートを見直せば、自信をもって受験しに行けるはずだ。だって間違いなくケアレスミスを防ぐことができるからだ。まさに合格と不合格の差はケアレスミスの差だ。

 それでは、志望校を第一志望という意識をもって、そして苦手箇所の克服を繰り返し、第一志望に合格できることを祈っているよ。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中