page_top

豪雨の被害を受けた住宅の復旧作業を支援[鹿屋体育大学]

鹿屋体育大学

  • [2021/2/24]

 鹿屋体育大のサッカー部に所属する学生らが、7月の豪雨災害で甚大な被害を受けた鹿児島県鹿屋市にある民家の復旧作業を支援するボランティア活動を行った。復旧作業に人手が足りないという地元住民からの呼びかけに応じ、学生は授業などに支障のない範囲で作業を手伝った。

 学生らは、裏山から民家に流れ込んだ土砂や、土砂に埋まった家財道具の運び出しを行い、土砂に埋もれた自動車も掘り出した。また、土嚢を使って水路外にあふれた水の通り道を作る作業にも貢献した。

 両親の家が被害にあった男性は「自分たちではとてもできないので嬉しい」と涙を流しながら作業を見守っていた。学生と同じ作業グループで支援を行った男性は「最初は何をしていいか聞いてきた学生も、自分で考えて動けるようになった。助け合いの精神で作業ができて、こちらも感謝している」と語った。

 初めてボランティア活動に参加したという1年の松下元樹さんは「思ったより大変だが、だからこそ1秒でも早く何とかしてあげたい」と話し、他の学生らと声をかけ合いながら作業に汗を流した。

記事画像
2、3日間にわたり、豪雨の被害を受けた民家の復旧作業に参加した学生ら

この記事は「螢雪時代(2020年11月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“鹿屋体育大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中