page_top

学生が地域や歴史を紹介するデジタルコンテンツを制作[福知山公立大学]

福知山公立大学

  • [2021/2/5]

 福知山公立大情報学部の倉本到教授ゼミが、京都府福知山市の「明智光秀×福知山アイデアブック」のデジタルコンテンツ「アイデアビューア」を制作した。

 アイデアブックは、同大学地域経営学部の塩見直紀准教授が提唱する、AからZまでの26のキーワードを引き出す「AtoZ」の手法を用いて、4月に福知山市が制作したもの。「光秀が生きていたらどんなことをたずねたいか」など、塩見ゼミの学生が考えた10個の問いについて、考えやアイデアを書き込める内容になっている。

 今回制作されたアイデアビューアでは、情報学部の学生が全体のプログラムとデザインを担当。タッチパネルを操作すると、これまでのアイデアブックで集まった中から80件を超えるアイデアを閲覧することができる。現在は、福知山城天守閣にて2021年3月31日まで展示されている。展示ブースでは、新たなアイデアも募っており、集まったものは追加表示していく予定だ。

記事画像
同コンテンツでは、明智光秀に関する80件以上のアイデアを閲覧することができる

この記事は「螢雪時代(2020年11月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“福知山公立大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中