page_top

学生が難民問題に関するオンラインクイズ大会を開催[聖心女子大学]

聖心女子大学

  • [2021/2/3]

 聖心女子大の学生団体「SHRET」( シュレット=Sacred HeartRefugee Education Trust)は、国連やNPO法人と協力して難民支援の活動を展開している。毎年、6月20日の世界難民の日に合わせて、難民問題に関心をもってもらうためのオンラインイベント「SHRET祭」を実施。今年は新型コロナウイルス感染防止の観点から「SHRET祭~オンライン難民クイズ大会」を開催した。

 学生たちは、同イベントを実施するにあたり、日本中の学生団体の有志によって発足した難民支援と啓発のプロジェクト「Youth×UNHCRfor Refugeesプロジェクト」に参加。さまざまな団体と連携し、責任をもって準備を進めた。当日は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)から提供を受けた問題でクイズ大会を進行。イベントは好評で、参加者アンケートでは「楽しく学べた」などの声が上がった。

 SHRETの学生は「新型コロナウイルスの影響で、昨年から考えていた企画を変更せざるを得なくなり、代替案を考えるのはとても大変でした。初めてのオンラインイベントでしたが、準備の段階から多くのみなさまにご協力いただき、改めて難民問題の複雑さに気づくことができました」と語った。

記事画像
SHRETは、これからも「SHRET祭」などの活動を通して難民問題を発信していく

この記事は「螢雪時代(2020年11月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“聖心女子大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中