page_top

学生が地元企業の商品の加工品開発発表会を実施[三重大学]

三重大学

  • [2021/1/5]

 2020年2月3日、三重大教育学部家政教育コースの学生11名が、こんにゃくを用いた「香肌麺」の加工品開発についての発表会を実施した。

 この取り組みは、地域の産業や食品を知ることを目的としている。同大学の地方創生推進事業である三重創生ファンタジスタ資格認定科目「食品材料学」において、教育学部家政教育講座の平島円教授の共同研究先である、三重県松阪市飯高町の有限会社上野屋から「香肌麺」の提供を受け、始動した。

 2019年12月~ 2020年1月、学生は1組3、4名の3グループに分かれ、試作を繰り返してきた。その結果、「コンニャク麺衣を使ったコロッケ」「コンニャク麺入り肉団子」「コンニャク麺みたらし団子」「コンニャク麺チョコクランチ」といった個性豊かな加工品が完成。試食を行った後、それぞれの加工品開発の手順やアピールポイント、苦労した点などについて発表した。

 上野屋から参加した3名からは「発想がすばらしい」「このままお店に提供できるのでは」「いろんな料理にアレンジできる点がよい」などの意見があった。

記事画像
「香肌麺」を用いたコロッケや肉団子など、個性的な加工品が完成した

この記事は「螢雪時代(2020年10月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“三重大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中