page_top

学生がチョコレート専門店とケーキを共同開発し、販売[静岡県立大学]

静岡県立大学

  • [2020/12/4]

 静岡県立大の学生サークル「Food Labo」が、食品栄養科学部の伊藤圭祐准教授(食品化学研究室)の指導の下、静岡市のクラフトチョコレート専門店「Conche」とともに、春の桜をイメージしたチョコレートケーキ「テオブロマ~クマリン~」を共同で開発。 4月6~30日に、同大学草薙キャンパスの売店やConcheの店舗にて期間限定で販売された。

 同サークルは、食品を使った子ども向けの科学実験教室や静岡の店の調査、県内企業と商品の共同開発などの活動を行っている。これまでにも、オリジナルチョコレートやスイーツピザなどの開発をしてきた。同商品は、チョコレート生地にラズベリー入りのホワイトチョコレートと静岡県産の抹茶を合わせた、甘さ、酸っぱさ、ほろ苦さが絶妙なバランスのケーキ。チョコレートに含まれるテオブロミンという成分により、気分をリラックスさせ、満足感、幸福感などが得られる。同サークルの学生は「商品名のクマリンは、桜葉の香気成分の名前から引用しました。

 新入生に緊張をほぐし、明日への一歩を踏み出してほしいという願いがこもっています」と語った。

記事画像
クラフトチョコレート専門店との共同開発で、桜の木をイメージしたスイーツが完成した

この記事は「螢雪時代(2020年9月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・8月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“静岡県立大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中