page_top

新型コロナウィルスへの対応として、多くの大学で入試の変更が公表されています。
必ず大学ホームページ等、公式の情報もご確認ください。

教員と学生による感染症と人権プロジェクトが始動[宇都宮大学]

宇都宮大学

  • [2020/11/6]

 宇都宮大国際学部の藤井広重助教が、ゼミ生や国際平和と司法研究会の学生とともに「感染症と平和・人権プロジェクト」を立ち上げた。

 メンバーは、国際学部と農学部の学生10名。3月下旬から、遠隔での打ち合わせを重ね、過去の感染症について調査を実施した。5月下旬には最初の成果物として「エボラ出血熱の発生から終息宣言まで:私達の新しい生活様式に向けた過去からの教訓」と題したポスターを学内に掲示し、チラシ版も配布している。

 ポスターは、アフリカでのエボラ出血熱に対する社会の反応や取り組みなどを参考に、現在の私たちが過去の事例から得られる学びを提示している。

 国際学部2年の菊地翔さんは「過去に克服することができた感染症があることを知り、私にとっての希望となりました。ポスターを見た人にも、同じように感じていただき、先の見えない不安を乗り越えていくことができれば」と語り、同学部2年の田所莉沙さんは「医療制度が脆弱なアフリカに対し先進国が果たすべき役割について、考えるきっかけになりました」と語った。

記事画像
オンラインを利用した研究会の様子。笑い声も多くメリハリのある学びの場

この記事は「螢雪時代(2020年9月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・12月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“宇都宮大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

12月のテーマ
毎月中旬更新

“大学入学共通テスト+2次・個別試験”合格ラインの超え方

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中