page_top

被災地支援の合宿を企画。地域住民との交流を深める[久留米大学]

久留米大学

  • [2020/8/17]

 2017年の九州北部豪雨などにより被災した地域の復興のために活動する「うきはベース」の学生企画委員である久留米大の学生5名が、福岡県朝倉市杷木地区を支援する「春合宿 in 朝倉」を企画。支援活動を2月16~18日に行った。

 これまでは、発災直後の復旧期における土砂出しや家財の片づけ、復興期における地域コミュニティの再生を中心に活動してきた。今回は、福岡県内から6大学の学生と教員延べ34名が参加。1日目に地域の子どもたちとの交流、2日目に杷木地区での拠点づくりや農業支援活動、3日目に朝倉市立杷木小学校の子どもたちの学習支援を行い、ソフト面に重点を置いた合宿となった。また、3日間の支援活動の中で、地域の人だけでなく、学生同士の交流を深めることもできたようだ。

 支援活動に参加した学生は「被災地が復興していく姿を見ることができて嬉しい。活動を通して全く関わりのなかった地域の方や他大学の学生さんたちと新しいつながりが生まれることでもよい刺激を受けている。これからも自分にできることを続けていきたい」と語った。

記事画像
杷木地区の災害支援拠点でミーティングを行う学生ら

この記事は「螢雪時代(2020年7月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“久留米大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

4月のテーマ
毎月中旬更新

大学入学共通テスト 全容解明

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中