page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

楽しみながら論理的思考力を養うお絵描きゲームが公募展で入賞[宮城大学]

宮城大学

  • [2020/6/23]

 宮城大事業構想学群の鈴木研究室の学生チームと鈴木優准教授が制作した小学生向けのお絵描きゲーム「Rolly Rolly」が「2019アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA」の一般カテゴリー/エンターテインメント(産業応用)部門で入賞した。

 「Rolly Rolly」は、映像が投影されたホワイトボードにペンで線を描き、リンゴをゴールへ導くゲーム。投影されるリンゴは、ユーザーがホワイトボードに描画した線の上を転がる。木の枝などの障害物も配置され、リンゴの動きを考え、どのように線を加えるとゴールまで誘導できるかを試行錯誤する必要がある。複数名でのチームで遊ぶことが想定されており、机上で作戦会議を行ってからスタートする。問題解決のために行うべき処理と順序を論理的に考えて最適解を見つける「プログラミング的思考」を育て、コミュニケーションを促すところが大きな特徴だ。

 入賞においては、人を楽しませて夢中にさせる要素や、ゲームの原則をゲーム以外の物事に応用する考え方を取り入れた新しいプログラミング教育の手法である点が評価された。

 今後も同研究室では、身の周りに存在する課題を、インタラクションデザインの観点から解決する研究を実施していく予定だ。

記事画像
手を動かして最適解を見つける「Rolly Rolly」をプレイする学生ら

この記事は「螢雪時代(2020年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“宮城大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

7月のテーマ
毎月中旬更新

[難関大学]合格する人/落ちる人の特徴

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中