page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

きんかんの機能性を生かした加工品を開発し試食会を実施[宮崎大学]

宮崎大学

  • [2020/6/18]

 1月27日、宮崎大地域資源創成学部の山崎有美研究室の学生が卒業研究の成果発表として、きんかんをテーマにした試食会を開催した。きんかんは、宮崎県が全国一の生産量を誇り、「完熟きんかん『たまたま』」としてブランド化も進められている柑橘類だ。ビタミンCやビタミンEなどの栄養素が豊富に含まれ、「完熟きんかん『たまたま』」は、栄養機能食品として販売されている。

 研究テーマは「完熟きんかん『たまたま』の機能性及び加工特性解析」。学生は、きんかんの含有成分のβークリプトキサンチンに着目して研究解析を行い、加工品の開発を行った。今回は、その加工品開発第一弾として「たまたま」を用いた「きんかんタブレットチョコレート」「きんかんボーンクッキー」の試食会を開いた。

 参加者からは「見た目がとてもかわいい」「チョコレートときんかんが合っている」などの声が聞かれ、学内での限定販売では商品が早々に完売した。

 同研究室では今後も、宮崎の特産品であるきんかんの機能性を生かした加工食品の開発に取り組んでいく予定だ。

記事画像
きんかんが含むβークリプトキサンチンには、さまざまな生理機能が報告されている

この記事は「螢雪時代(2020年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“宮崎大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

7月のテーマ
毎月中旬更新

[難関大学]合格する人/落ちる人の特徴

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中