page_top

奈良県主催の公開コンペで学生グループが優秀賞を受賞[奈良大学]

奈良大学

  • [2020/1/14]

 8月27日に行われた「県内大学生が創る奈良の未来事業」本審査で、奈良大の学生グループの政策提案「和歌発祥の奈良で現代の『短歌を詠む』文化継承を大学生の手で」が優秀賞を受賞した。同事業は、奈良県の県政のさまざまな課題を解決するため、2012年から始まった取り組み。受賞した提案は、学生を主体として事業化をめざす。

 同グループは、文化系サークル「奈良大学現代短歌会」に所属する学生4名で構成。本審査では、奈良のさまざまな地域のあらゆる世代に「短歌を詠むこと」を定着させ、日本の伝統文化を現代の言葉で表現する短歌を通じて、地域文化を活性化させることを目的に、「大学生が中心となり自作の短歌を発表し合う短歌祭や歌会を開催する」という政策提言を行った。

 受賞した学生は、「古代から自己表現の手法であった短歌の、本来の魅力を少しでも多くの人に認識し直してほしい」と語っている。既に来年度の事業化のために、県の担当課とのフォローアップ検討会がスタートしており、実現化を目指して活動を進めていく。

記事画像
同グループは、過去に「歌会」を開催するなど、短歌を通したコミュニケーションを楽しむ活動をしてきた

この記事は「螢雪時代(2019年12月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・2月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“奈良大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中