page_top

北方四島交流訪問事業に参加し、島民との交流行事を開催[神戸学院大学]

神戸学院大学

  • [2019/10/25]

 6月8日、神戸学院大経済学部の岡部芳彦教授と学生4名が、北方領土問題対策協会が主催する「北方四島交流訪問事業」(ビザなし交流)に訪問団として参加し、色丹島にてロシア系島民との交流行事「第4回アニメ・オタク文化青年サミット in 色丹」を開催した。

 訪問団は、岡部教授を団長、「歌う漫画家」富澤きららさんを副団長として、大学生など40歳以下の若い団員を中心に63名で編成。当日は午後からサミットが開幕した。富澤さんのイラストワークショップのあと、コスプレ・コンテストが行われ、同大学の小山大貴さんが、ロシアのアニメ「チェブラーシカ」に登場するゲーナのコスプレをして優勝。続いて行われたアニソン・ライブでは「セーラームーン」の挿入歌が熱唱されるなど、100 名以上の島民が来場した会場は大いに盛り上がった。

 サミットに参加した稲葉桃佳さんは「4月からみんなで集まり、コスプレや曲、演出など、どうすればロシア人島民たちが喜んでくれるのかを真剣に考え、準備をしていました。参加してくれた子どもたちの笑顔や、島民たちと一緒に歌った曲を思い出すたびに、やってよかったと感じています」と語った。

記事画像
サミットは、岡部ゼミの3年生を中心に企画され、なかでもアニソン・ライブは大変な盛り上がりをみせた

この記事は「螢雪時代(2019年9月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・12月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“神戸学院大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中