page_top

クラウドファンディングで学生開発の福祉機器が製品化[佐賀大学]

佐賀大学

  • [2019/10/10]

 佐賀大の理工学部4年生の山城佑太さんが、クラウドファンディングサイト「Makuake」で300万円の支援金を集め、「フワット~腰を浮かせて座圧軽減~」を製品化するプロジェクトを成功させた。

 同製品は、山城さんが、同大学理工学部の中山准教授と三惠工業株式会社の安田府佐雄さんとともに研究開発した、座っているときにかかる座圧(腰やお尻の負担)を軽減するというもの。「福祉機器コンテスト2018」で優秀賞を受賞後、各種メディアで紹介され、注目を集めている製品だ。

 腰に着けるコルセットとは異なり、肋骨に着ける装着パッドが、座った状態で上半身をつるすようになっている。これによりお尻にかかる負荷が減少。腰まわりや肛門の負担も軽減する効果がある。腹部にベルトをまわしてとめるだけで装着が完了。手間がかからず、初めて使用する人も安心して使用できるという。ベルトの長さも容易に調整できる。

 支援金は、目標額の280万円を達成後、受付期間のうちに300 万円を突破した。山城さんは「楽に座り続けることができるフワットが日々の生活を楽にしてくれることを期待している」とコメント。製造を経て9月には発送される予定だ。

記事画像
開発した福祉機器の製品化に成功した山城佑太さん(写真右)ら

この記事は「螢雪時代(2019年9月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・12月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“佐賀大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中