page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

ゼミ開発の景観再現システムを藤沢市に寄贈[文教大学]

文教大学

  • [2019/8/9]

 藤沢市の「ふじさわ宿交流館」にて4月13日に行われた「旧東海道藤沢宿3DCGリニューアルお披露目会」において、文教大の情報学部の川合康央ゼミナールが新たな「旧東海道ふじさわ宿景観シミュレーションシステム」を寄贈した。これは江戸時代の藤沢宿周辺の街並みを3DCGで立体的に再現したもので、川合教授とゼミ生が2年を費やし、大規模なアップデートを行った。

 2015年に藤沢市からの依頼を受けた川合ゼミは、地域の歴史的文化の継承を目的として本システムを制作。2016年には、最初のシステムを「ふじさわ宿交流館」に寄贈、その後、同館において常設展示されていた。景観は、時間、季節や天候によってその印象は大きく変わる。同システムはそれらをユーザーが自由に変更でき、よりリアルな景観を再現。今回の大規模アップデートでは、展示を見た多くの人々の情報提供や、新たに多くの古文書や古地図などの資料が提供されたことを受け、道幅や川の深さ、建物内部など、より詳細で正確な景観を再現したという。

 川合ゼミでは、本システム以外にも、「湘南地域における津波シミュレーションシステム」などを通じ、地域との連携を深めている。

記事画像
お披露目会には、約20名の市民が参加。川合教授やゼミ生の説明に熱心に聞き入っていた

この記事は「螢雪時代(2019年7月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2021年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月5日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“文教大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中